> 

谷崎潤一郎の記事一覧

マゾヒズム、フェチズム、女体崇拝…。人間の中に潜む深い業や歪んだ性愛をモチーフに数多くの小説を残した文豪といえば、谷崎潤一郎(1886~1965)に他ならない。最初の妻・千代子の妹・せい子(当時15歳)との不倫愛に走り、千代子を親友の作家・佐藤春夫に譲ろうとした“細君譲渡事件”をはじめ、晩年までスキャンダラスな私生活を...


谷崎潤一郎(1886~1965)といえば、いうまでもなく近代文学を代表する作家の一人である。『刺青』『痴人の愛』『蘆刈』『細雪』といった、短編から長編ま...

続きを読む

――「英子さん」部屋の英子がこちらを向いた気配に、彼は勃起した陰茎を外から障子に突きたてた。障子は乾いた音をたてて破れ、それを見た英子は読んでいた本を力...

続きを読む

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週