> 

美田三太の記事一覧

世界各国の風俗や売春宿を体験して実感するのは、日本人は誰もがリッチだと必要以上に思われているということだ。個人的には、日本人が外国を訪れる際に身なりが良過ぎることも関係していると思う。もちろん、ビジネス上のマナーである場合はさておき、現地でのオフタイムでも小ぎれいな格好をしていると、結果的に「カモ」、つまり「ボッタクリ...


私の海外での風俗遊びを知る友人などから、「どこの国の女性が一番美人なの?」と質問されることがある。各国の女性それぞれに魅力があり、断言することはできない...

続きを読む

これまで海外滞在中に体験した風俗・売春宿のことをコラム『世界風俗探訪』で書いてきた筆者。各国の“スケベ仲間”の中で一番ウマが合うのが、メキシコ人のアロン...

続きを読む

世界を巡っていると、さまざまな面で日本とのつながりを感じることができる。心温まるものもあれば、時には悲しい歴史の一端に触れることも。異国の地でありながら...

続きを読む

これまで世界中の風俗で酷い目に遭ったことなども書いてきたが、思い返してみれば「オイシイ思い」をしたことのほうが圧倒的に多い。 だからといって、「どれが一...

続きを読む

先日、知人に「どこの国の女性が一番エロかった?」と聞かれた。一番は決められないが、それでもブラジルやメキシコといったラテン系の国の女性はエロいと思ってい...

続きを読む

先日、仕事でお世話になっている北京在住の中国人・リン氏が、春節ということで来日した。 彼は何度も来日している日本通で、私同様に根っからのスケベでもある。...

続きを読む

90年代、私が今の仕事を始めたばかりのころ、海外へ渡航する機会に恵まれ、まず行ってみたいと思った国がアメリカだった。それは、青春時代に洗礼を受けた雑誌「...

続きを読む

現在、日本の家庭で使用されている物の多くが海外で作られたものだ。そのため、海外に行くと、時折、意外な場所で日本でおなじみの物を作っている現場に出くわすこ...

続きを読む

まさかの展開に驚きはしたが、ここで当初の目的を思い出した。“夜のお楽しみ”だ! これで探す手間が省けた。何より、ドイツ美人と1万円以下で一戦を交えること...

続きを読む

私はこれまでに世界各国で多くの美女とベッドを共にしてきた。そういうこともあり「どこの国の女性が美人ですか?」という質問を受けることがある。 好みというも...

続きを読む

私は仕事関係で海外へ赴くことが多いが、一方でゲストを迎え入れることも少なくない。いわゆる接待をすることも多く、外国人でもプレイが可能な風俗店を紹介するこ...

続きを読む

大晦日から元旦にかけてのワイドショーなどを観ていると、必ずと言っていいほどホノルル空港からの中継がある。そう、レポーターが芸能人の到着を待っていてインタ...

続きを読む

私は仕事柄、世界各国を訪れるが、もちろん風俗店巡りだけではなく、初めて訪れる街では名所めぐりも行う。美しい街の風景というものは心が洗われるものだ。15年...

続きを読む

私がここで書いているようなライフスタイルを知人に話すと、「どうして、わざわざ外国に行ってまで風俗なんですか?」と聞かれることがある。もちろん、「好きだか...

続きを読む

現在、成田国際空港にはさまざまな国の航空会社が乗り入れていて、改めて日本という国が世界とつながっているのだと実感する。また、飛行機の性能なども昔に比べ格...

続きを読む

これまでにビジネスで何度も海外を訪れている私だが、何度か危険な目に遭って学んだことがある。そのひとつが、「むやみに写真を撮らない」ということだ。もちろん...

続きを読む

表裏を問わず世界中の風俗で遊ぶ私だが、性に対してオープンな国もあれば、ひたすら隠そうとする国もあり、考えさせられる。国によっては、性そのものをタブー視す...

続きを読む

日本から近いアイランドリゾートとして挙げられるのはグアム、そして、サイパンではないだろうか。どちらもアメリカ合衆国の領地であり、成田空港から3時間程度で...

続きを読む

いきなり感覚的な話になってしまうが、「地球は大きいけれど世界は狭い」と思うことがある。たとえば、私が日本人ということもあって、「ワタシ、ムカシ、ニホンニ...

続きを読む

その地域に足を踏み入れた瞬間に「これはマズイ場所かな」と直感が働くことがある。そうなると、風俗で遊ぶどころの話ではない。そして、こういったイヤな予感とい...

続きを読む

言葉もロクに通じない、風習も違う国をあてもなく旅をする…。その国で出会う異文化は刺激的であり、エンターテイメントでもある。そして、男として気になるのが『...

続きを読む

言葉もロクに通じない、風習も違う国をあてもなく旅をする…。その国で出会う異文化は刺激的であり、エンターテイメントでもある。そして、男として気になるのが『...

続きを読む

言葉もロクに通じない、風習も違う国をあてもなく旅をする…。その国で出会う異文化は刺激的であり、エンターテイメントでもある。そして、男として気になるのが『...

続きを読む

グアム、言わずと知れた“日本から一番近いアメリカ”である。成田からは3時間強で着き、沖縄の離島へ行くよりも近い。観光産業が島の経済を支えているが、多くの...

続きを読む

どんな物事にも言えることであるが、人間には好き嫌いというものがある。それはもちろん旅行先にも。『タイ』という国も、そういった好き嫌いがハッキリと分かれる...

続きを読む

言葉もロクに通じない、風習も違う国をあてもなく旅をする…。その国で出会う異文化は刺激的であり、エンターテイメントでもある。そして、男として気になるのが『...

続きを読む

言葉もロクに通じない、風習も違う国をあてもなく旅をする…。その国で出会う異文化は刺激的であり、エンターテイメントでもある。そして、男として気になるのが『...

続きを読む

言葉もロクに通じない、風習も違う国をあてもなく旅をする…。その国で出会う異文化は刺激的であり、エンターテイメントでもある。そして、男として気になるのが『...

続きを読む

言葉もロクに通じない、風習も違う国をあてもなく旅をする…。その国で出会う異文化は刺激的であり、エンターテイメントでもある。そして、男として気になるのが『...

続きを読む

言葉もロクに通じない、風習も違う国をあてもなく旅をする…。その国で出会う異文化は刺激的であり、エンターテイメントでもある。そして、男として気になるのが『...

続きを読む

言葉もロクに通じない、風習も違う国をあてもなく旅をする…。その国で出会う異文化は刺激的であり、エンターテイメントでもある。そして、男として気になるのが『...

続きを読む

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週