> 

相馬佳の記事一覧

最近、忙しすぎる? そういう時は、食生活もおろそかになりがち。コンビニのお弁当や、インスタント食品ばかりに頼ってはいないだろうか。2、3日ならそれも仕方ないが、そんな食生活を何週間も続けていたら、体の調子は悪くなるし、もちろん結果として夜の生活にも支障が出てくるはず。

続きを読む

セックスというものは、自分で分かったような気分でもなかなか「他の人はどうやっているのか」ということが気になるものである。いや、行為自体ではなくても、「B...

続きを読む

ニュージーランドの新聞NEW ZEALAND HERALD紙オンライン版(www.nzherald.co.nz)によると、かの地でこのたび初の「女性向け...

続きを読む

とかく日本の男性は結婚後の浮気率が高い、と思われがちであるが、あながちそれは男性の責任ばかりとも言えない。「子どもを産んでから2年ぐらいはセックスしてな...

続きを読む

アメリカのセレブ界における、セックステープが「ある」「ない」、「出す」「出さない」の騒動は最近異常なまでの過熱気味である。 ちょっと古い話になるが、この...

続きを読む

日頃お堅いと思われがちなイギリス人。実はその伝統的でストイックな清教徒文化の裏には、いわゆるむっつりスケベ的な面があるのではなかろうか(というのは筆者の...

続きを読む

欧米の雑誌やタブロイド紙には、恋愛やマネー、人生一般などについて、それぞれの専門家に質問をするコーナーが必ずと言っていいほど掲載されている。大体、このよ...

続きを読む

続きを読む

「男女が出会ってすぐにHをすると、その後長期的な恋愛関係に発展しにくい」というのは誰もが聞いたことのある話。それがなぜかという説は数あれど、やはり「結果...

続きを読む

女性には、ムショウに「母親になることに憧れる」時期というものがある。20代後半に差し掛かると、女性の多くは「結婚」「出産」ということを頭に思い描き始める...

続きを読む

デミ・ムーアやマドンナのように、ひと回り(またはそれ以上)も年下の男性と交際したり結婚したりする女性を、英語圏では最近「クーガー」と呼ぶ。年下の男性を好...

続きを読む

女性の社会進出が目覚ましい現代、アメリカでも日本でも、女性のほうが男性よりはるかに収入が多い「格差婚」、そして「逆玉婚」は珍しいものではなくなった。しか...

続きを読む

スウェーデン南部で先週、ドイツ人女性3人が森の中で行方不明になるという事件が起きた。友人と一緒に湖の傍にあるコテージに宿泊していた3人の女性たちが、森へ...

続きを読む

イギリスで「Gスポットの存在は疑わしい」という研究論文を今年7月に発表した学者が、世界中、特にフランス人から非難を受け、自説を曲げざるを得なくなっている...

続きを読む

男性が浮気するのは人間としての本能がそうさせるからだ、という説はよく耳にする。少しでも多くの子孫を残すために種をばらまく、という例のアレである。最近再々...

続きを読む

セックスに興味があるのは男も女も同じこと。しかしそんな興味が中毒症状になり、日常生活に支障をきたしてきたら、やはりそれは何らかの治療が必要だろう。AVや...

続きを読む

アメリカのABCニュースによると、18歳から44歳までの女性のうち約10%が性欲の減退に悩まされているという。そして、男女とも4人に1人のアメリカ人が「...

続きを読む

昨年11月、アイルランドのコーク大学で、同僚の女性講師が「意思に反して性的な記事を見せられた」と、いわゆる「セクハラ告発」をして、大学側から懲戒処分を受...

続きを読む

「処女」と聞けば、普通は誰でも「純粋」や「無垢」など、性的なことについてまだ何も知らない少女を表現する言葉を想像するはずである。しかし、「処女であること...

続きを読む

アメリカ中西部のインディアナ州にあるインディアナ大学で行われたリサーチで、女性には「他の女性が好きな男性を好きになりやすい」という、恋愛における強い「集...

続きを読む

続きを読む

ニューヨーク州バタヴィアの公園で性行為をしていた男女が、パトロール中の警察官に見つかり現行犯逮捕された。地元新聞の「The Batavian」紙によると...

続きを読む

続きを読む

カナダの結婚情報誌「ウェディングベルズ」が行ったアンケートで、カナダ人女性の大半は結婚前にセックスをすることに賛成しているという結果が出た。もちろん、こ...

続きを読む

続きを読む

泥棒に入った家のガレージが開かず、家主が留守で中に閉じ込められた、妻子持ちの浮気相手が自分だけではなく他にもいた、勝手に入った家のプールで溺れた、または...

続きを読む

続きを読む

中国でこのたび、既婚者の結婚と性生活についてのアンケートが1万人近くを対象に大々的に行われたという。それによると、何と中国人の既婚者カップルのうち、64...

続きを読む

続きを読む

北欧と聞いて日本人が思い浮かべる言葉といえば、「寒い」「日照時間が少ない」「IKEA」「バイキング」そして「フリーセックス」のどれかが、かなりの確率で当...

続きを読む

続きを読む

イギリスの百貨店「デベンハムズ」が行ったリサーチによると、同国でかなり色気のない「女性用スカート付き水着」が前年以上に売れ行きが好調だという。一方の、ビ...

続きを読む

性的な観点から言えば、女性は男性よりも受動的で、性衝動も弱い......などという考えは、もう完全に過去の遺物ということが証明されそうなリサーチ結果が出...

続きを読む

アメリカの大学では特に、キャンパスにある男女一緒の建物の中で寮生活をする学生が圧倒的に多いため、異性と肉体関係に陥る機会はごろごろ転がっていると言ってい...

続きを読む

アメリカでは『ベイウォッチ』で有名なパメラ・アンダーソンなどのセレブ、そして一般女性までもが、明らかにニセモノと分かる巨大な胸を揺らして闊歩している姿を...

続きを読む

続きを読む

以前、イギリスで「アノ時の騒音」がすごく逮捕されてしまったカップルの話を書いたが、今度は同国で町の議会によって夜のセックスを禁止されてしまったカップルが...

続きを読む

ロンドンの老舗デパート「セルフリッジ」によれば、同店の女性下着売り場で売れるブラジャーのカップサイズが年々大きくなっているという。しかも、DからGカップ...

続きを読む

南米アルゼンチンの若い男性たちの間で今、深刻なある中毒が広がっているという。それは覚せい剤でも大麻でもなく、なんと「バイアグラ」。そう、男性の勃起不全症...

続きを読む

続きを読む

タイガー・ウッズのみならずとも、妻や彼女に携帯メールやメッセージをチェックされ浮気がバレた、という男性(あるいは反対のケースで女性)の失敗談は数知れず。...

続きを読む

欧米でも日本でも離婚率が高くなっている今、すでに「バツイチ」という言葉に後ろめたさは感じられない。それどころか、離婚を悲しい結末としてではなく、人生の再...

続きを読む

一般的に、男性が曲線的な女性らしい体、そして女性が男性のしっかり筋肉のついた体に惹かれる、というのは、誰に教えられなくても何となく納得のできる話ではある...

続きを読む

男女の初婚年齢が高くなりつつある近年、25歳を過ぎたら婚期を逃した、という「クリスマスケーキ」の伝説は遠い昔の話となった。今では、セレブを含めてアラサー...

続きを読む

アリゾナ州フェニックス在住のマーリーンさんは、誕生日のプレゼントに、友人からメイドサービスによる家のクリーニングをプレゼントされたそう。普通、メイドサー...

続きを読む

田舎暮らしで隣人が遠いならまだしも、家々がひしめき合う街中で、夫との仲が良すぎるのも考えものかもしれない。 「The Telegraph」によると、イギ...

続きを読む

女性が豊胸手術を受けるのは、欧米ではもう珍しくもなんともない。女性たちは普通「小さな胸」にコンプレックスを抱くものだが、男性たちの場合その反対のことが起...

続きを読む

<スウェーデン発> 泊まっているホテルのドアを叩くノックの音。誰かと覗き穴から外を見ると、そこには3人の若い見知らぬ女性たちが立っている......。 ...

続きを読む

昨年、アメリカ東海岸で女性たちを身震いさせた殺人事件が起きた。アメリカで一番人気のインターネット掲示板サイト「craigslist.org(クレイグズ・...

続きを読む

経済不況の厳しいこの世の中。イギリスでも他の国と同じように、金融・銀行業界がかなりの打撃を受けているようである。しかし、それに反比例して、ある産業が不況...

続きを読む

いつの世でも、年上の女性に憧れる男性というのは存在するものだ。しかし、その年齢差が10歳以上ある場合、たとえ思想的に「進んでいる」と思われがちなアメリカ...

続きを読む

続きを読む

アメリカ社会にはびこる心の病のひとつに、「セックス・アディクション」というものがある。 これは単純に訳すと「セックス中毒」。 インターネットで意味を調べ...

続きを読む

ニューヨーク在住の女性が、「自分の結婚する権利」をオークションサイトeBayで売りに出し、アメリカのゲイ社会で話題を呼んでいる。異性間の場合ならば、「結...

続きを読む

サイバースペースの拡張と進化に伴い、日本やアメリカを含む世界中で、異性との出会いをインターネットのいわゆる「出会い系サイト」に頼る人が増えている。忙しい...

続きを読む

マレーシア発 結婚して何年も経つと、相手を異性として見なくなり、夫婦共にお互いの前で身だしなみに気を遣うことを忘れてしまうケースが多いのは万国共通のよう...

続きを読む

続きを読む

イギリスのバース大学によって行われたリサーチによると、女性にとって幸せを見つける秘訣とは、「自分より5歳以上年上の男性と結婚すること」であるそうだ。 裏...

続きを読む

続きを読む
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週