> 

日活の記事一覧

70年代の日活がラインナップした、いわゆる『日活ロマンポルノ』は多くの優れた映画作家を輩出した。そのなかでも異彩を放つ作家の一人が、田中登(1937~2006)である。 明治大学文学部卒業後に日活へ入社した田中は、ポルノ路線に舵を切った日活で数々の作品を監督していく。以後、72年から80年代末頃までの約16年間に20数...


団地妻や団鬼六のように、ロマンポルノでシリーズ化された人気作品は数多い。  現在では定番ジャンルとして扱われるAV作品の多くも、もとを辿ればロマンポルノ...

続きを読む

1971年から88年までの17年に渡り上映されたにっかつロマンポルノ。  この成人映画が今日のアダルト作品に与えた影響もさることながら、当時における社会...

続きを読む

80年代に入り、ロマンポルノは斜陽を迎えていた。そんななか、彗星の如く現れた女優が″にっかつの松坂慶子″と呼ばれた美貌の持ち主、風祭ゆきである。  巨匠...

続きを読む

「にっかつロマンポルノ」は女優以外にも数々の著名人を世に知らしめており、"SMの巨匠"団鬼六(だん おにろく)も欠かせない重要人物のひとりだ。 官能小説...

続きを読む

いまや当然のようにAVが存在し、ネットでも簡単にエロ動画を観ることができる。しかし、こんな現代だからこそ、昭和後期の貴重な「性の娯楽」として多くの男性を...

続きを読む

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週