> 

テレビの記事一覧

AVの歴史は81年に発売された『ビニ本の女・秘奥覗き』と『OLワレメ白書・熟した秘園』だといわれている。以来AVはVHSビデオの隆盛とともにめざましい発展を遂げ、日本は世界でも随一のポルノ大国となった。アジア圏ではジャパニメーションと同様にジャパンAVは高い評価を受けている。その一方で、AVの発展とともに危機に陥った業...


セレブや一般人の生活のありとあらゆる場面を世にさらけ出すのがリアリティー・ショーだが、リアリティー・ショー王国の米国が、とうとうこれ以上はないという領域...

続きを読む

テレビ業界に生きる制作者たちにとって、自分たちの番組を作ることはもちろんだが、他番組を見ることも仕事のうちだ。そんな中、テレビの世界だけで流行っている、...

続きを読む

最近、牛丼チェーン大手の「すき家」が従業員不足によって一時休業を余儀なくされている問題が世間を賑わせている。また、2020年開催の東京オリンピックにとも...

続きを読む

続きを読む

『笑っていいとも!』(フジテレビ系)の後を受けて始まった、昼の生放送バラエティ『バイキング』の視聴率が芳しくない。4月1日の初回は6.3%(ビデオリサー...

続きを読む

振り込め詐欺が「母さん助けて詐欺」になって久しいが、こうした人の心をもてあそび、お金を巻き上げる類の犯罪はますます巧妙化し、増加の一途をたどるばかりだ。...

続きを読む

12日に放送された『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)に、15日公開の映画『土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官REIJI』に出演する豪華俳優陣が集結し、...

続きを読む

弱肉強食の芸能界の中でなんとかレギュラー番組を確保し、生き残っているタレントたち。今回注目したのは、わずか1本のレギュラー番組を死守する、いわば“オンリ...

続きを読む

続きを読む

2013年も残りわずか。テレビ業界的には、今年はドラマから『新語・流行語大賞』が2つも飛び出す当たり年だった。TV離れが叫ばれていた昨今に比べ、明るい兆...

続きを読む

続きを読む

「時代の寵児」であったダウンタウン、とんねるずもここ数年は低迷し、冠番組も打ち切り危機にあると言われている。そんな中業界には、実行すれば一度は数字が上が...

続きを読む

「ドラマ『安堂ロイド~A.I.knows LOVE?~』(TBS系)は、映画『ターミネーター』のパクリだ」などと言われているが、テレビの世界では「パクリ...

続きを読む

先日、「オープニングのタイトルバックだけ撮りに海外に行った」とW浅野がSMAPの特番で話していた。「W浅野」と言っても分からない御仁もいようが、とにかく...

続きを読む

続きを読む

変り者が多いといわれるテレビ業界。特に売れっ子となると、タレントに限らず、スタッフにも相当世間の常識から外れた感覚の持ち主が多いという。とはいえ、表舞台...

続きを読む

テレビをつければ必ず出ている芸能人。だが彼らがテレビに出るまでには、その前にオファーした芸能人の「出演NG」も存在している。分かりやすいのがドラマである...

続きを読む

続きを読む

黎明期からテレビを支えていた影のキーワード“オッパイ”。PTA(主に保護者)からのクレームやBPO(放送倫理・番組向上機構)からの通達・警告により、現在...

続きを読む

続きを読む

フジテレビの『27時間テレビ』でメインMCを務め、日本テレビの『24時間テレビ』では花形となるマラソンランナーに森三中の大島美幸(33)が抜擢されるなど...

続きを読む

一連のペニーオークション詐欺事件に絡み、虚偽の内容をブログに書き込んで読者をオークションサイトに誘導していたモデルの小森純(27)が、レギュラー番組『ヒ...

続きを読む

2008年の『おねがい!マスカット』から始まって、現在の『おねだりマスカットSP』まで、気がつけば5年間、テレ東(初期はテレビ大阪制作)で、しかも超深夜...

続きを読む

7日、ナインティナインの岡村隆史(42)が3月27日から放送を開始するネット配信限定のテレビ局『ゼロテレビ』の立ち上げを表明した。スポンサーも番組も何も...

続きを読む

1月18日に発売された『オリ★スタ』(オリコン)が、今年活躍が期待される「第4回ネクストブレイク芸人2013」を発表した。しかし、このランキング、まだま...

続きを読む

いつの世もテレビ業界でもっとも話題になるのは視聴率。1980年代は首位争いにも絡んでいたTBSが90年代以降に低迷し、日本テレビとフジテレビが王座を争う...

続きを読む

16日に投開票された衆院総選挙と東京都知事選のW選挙。衆院選は様々な争点が論じられてきたが、終わってみれば自民党の大勝。自公は法案再可決が可能な325議...

続きを読む

12月7日に放送された『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS系)特別編で、タレントのベッキー(28)が、「今まで明かしてこなかった」という心の闇を吐露...

続きを読む

6日に放送された『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)で、ずんの飯尾和樹が昨年まで12年間交際していた彼女にサプライズプロポーズし、その...

続きを読む

野田首相による解散宣言で、12月16日に投開票の決まった衆院選。およそ一カ月後に迫った総選挙で注目されるのは、もっぱら第三極とよばれている石原慎太郎や橋...

続きを読む

昨年1月に日本テレビを退社し、フリーアナウンサーとなった夏目三久(28)だが、フリー転向後の評価は局アナ時代よりずっと高い。アイドルアナとして扱われ、東...

続きを読む

『R-1グランプリ2013』(フジテレビ系)に、HKT48の中西智代梨が参戦を発表して注目を集めている。大会開催の会見場に出場予定の芸人らと混じって参加...

続きを読む

10月6日に中山美穂(42)と共演しパリでロケを敢行した映画『新しい靴を買わなくちゃ』が公開されるため、向井理(30)がテレビに雑誌にと宣伝で大忙しだ。...

続きを読む

2004年から放送を開始し、単発ながらも高い人気を誇っているバラエティ番組『逃走中』(フジテレビ系)。遊園地や早朝の市街地で行われる、大人の鬼ごっこだ。...

続きを読む

5日に放送された『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)の中で、ドッキリサプライズプロポーズを受けたとして話題の磯野貴理子。気になる番組の視聴率は14...

続きを読む

テレビで売れ始めた途端、露出を控えるのがグラビアアイドルというタレント。もちろんその理由は、雑誌で脱ぐよりテレビバラエティに出た方が稼げるからに他ならな...

続きを読む

どんなにタレント飽和時代と言われようとも、テレビは新しい人材を求め続けるようだ。特にフジテレビはその作業に熱心なようで、深夜帯とはいえ、『フジテレビに出...

続きを読む

写真週刊誌に端を発した俳優・塩谷瞬の二股求婚騒動が思わぬ展開を見せている。当初、塩谷の犠牲になった悲劇のヒロインとして登場した料理家でタレントの園山真希...

続きを読む

グラビアアイドルの熊田曜子(29)が、29日深夜に放送された『有吉AKB共和国』(TBS系)に出演し、AKB48に苦言を呈したことが話題となっている。 ...

続きを読む

4月2日午前9時55分よりスタートする『ノンストップ!』(フジテレビ系)のバナナマン設楽統に加え、同日午後2時からリニューアルする『知りたがり!』に毎日...

続きを読む

昨年末にオリコンが発表した「好きな女性アナウンサー」ランキングで初のトップの座に輝いたのをはじめ、複数の雑誌、バラエティ番組の同ランキングでも1位を獲得...

続きを読む

「週刊文春」3月8日号(文芸春秋)が、アンケート企画「好きな女子アナ・嫌いな女子アナ」のランキング結果を発表した。「好きな女子アナ」では、ニュースからバ...

続きを読む

8日に発売された『週刊文春』(文藝春秋)に「女が嫌いな『テレビのオンナ』」という特集記事が載っている。興味深くページを開いてみれば、作家の岩井志麻子が、...

続きを読む

「8日の朝刊スポーツ紙には当然のように載っていませんでしたが、昼ごろに届いた東スポ、夕刊フジ、日刊ゲンダイにも1行も触れられていなくて、巨大な力を感じま...

続きを読む

テレビ局の看板的存在であり、その魅力で番組やイベントを彩ってくれる女子アナたち。最近では才色兼備という大前提に加えて「ちょいエロ」ともいえる新たな要素が...

続きを読む

あき竹城が、バラエティ番組に出まくっている。 彼女の姿を見ない日はない。そう言っても過言でないほどの露出っぷりである。しかし、毎日のように目にしておきな...

続きを読む

すっかり放送規制の多くなってしまったテレビ業界。言動、思想、行動、内容によって、以前はOKだったけど、今は出せないなんてネタも多くなってしまった。あまり...

続きを読む

今なお年間平均視聴率で20%を越えるというお化け番組『笑点』(日本テレビ系)を創り上げた立川談志が没し、70年代不動の人気を誇った視聴率100%男こと萩...

続きを読む

東日本大震災、福島での原発事故、台風による水害、中東で吹き荒れた革命の嵐にビン・ラディン、カダフィ、金正日といった独裁者たちが相次いで死亡した2011年...

続きを読む

毎年アカデミー賞の前日に発表されることで有名なゴールデンラズベリー賞。そんな最低評価の映画や出演者に贈られることで有名なラジー賞にちなんで、今記事では放...

続きを読む

17日、「2011年最も面白かった」漫才師を決める『THE MANZAI 2011』(フジテレビ系)の決勝大会が放送されパンクブーブーが優勝した。200...

続きを読む

今月発売された「日経エンタテインメント!No.178」(日経BP社)が今年のヒット番付を特集している。見事1位に輝いたのは、驚異的なCDセールスを連発し...

続きを読む

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週