> 

オナニーの記事一覧

性癖や趣向の違いから、オナニーには人それぞれの楽しみ方や、方法がある。それゆえに、世の中にはオナニーに関する情報がたくさん溢れている。  今回は「尿道オナニー」に注目し、紹介する。ちょっと怖くもある尿道オナニーについて、やり方や、注意しなければならない点などを説明しよう。 尿道オナニーって何?  尿道オナニー...


日々進化を続けるオナニーグッズだが、人によっては使用感が合わないこともあったりする。しかし、ここに紹介する世界初の薬用成分配合のマスターベーション用クリ...

続きを読む

世界初の薬用成分配合のマスターベーション用クリームとして開発されたのが、ここに紹介する「オナマスクリーム」。わずかな量を塗ってマッサージするだけで、いつ...

続きを読む

バラエティ番組などで刺激的な発言をして、注目を集めることも多いグラビアアイドルたち。特に新人となれば、話題性を優先してか、かなり赤裸々な一面をテレビで明...

続きを読む

ずっと好きだった飲み屋の女の子がいてさ。清楚で素直で、ホステスと客の一線を越えた想いを持ってたのね。何度か彼女には打ち明けたけど、いつも上手にはぐらかさ...

続きを読む

現役ホステス兼ライター・三日月アリスのリアルな業界話。わたしが働くスナックでは、スタッフとお客さんの間でセックスやオナニーの話が赤裸々に飛び交い、男女の...

続きを読む

前回お伝えしたホステスたちのオナニー秘話。そこに登場した30代前半のRちゃんが、とくにオナニーについて一言あるらしく、まだまだ話し足りなそうだったので掘...

続きを読む

明治維新による功罪のなかに、西洋の知識に対する追従がある。欧米に追いつけ追い越せと急ぐあまり、欧州などで流布している学説などをそのまま取り入れる傾向があ...

続きを読む

男性のオナニーライフを彩るため日々努力と精進を積み重ねている株式会社トイズハート。前回、トイズハート社の看板商品とも言える「セブンティーン」がもたらす快...

続きを読む

時代は今、空前のパンケーキブームである。良質の小麦粉だの新鮮なフルーツだの使っているのかもしれないが、単価1000円超えが当たり前のパンケーキ店に行列を...

続きを読む

アナルファックや乱交プレイほどハードルは高くないが、ハードルが低いようで意外と高いプレイといったら、なんといっても「相互オナニー」ではないだろうか。相互...

続きを読む

右手を使って陰茎をシゴくだけがオナニーではない。オナホールを用いたり、前立腺を刺激したり、床にうつ伏せになったり…そのバリエーションは、挙げればキリがな...

続きを読む

一般人女性が和気あいあいとオナニー自慢を繰り広げる『女子オナニー会談』、通称『女ニー会』なるものをご存じだろうか? 昨年7月より、Ustream番組の配...

続きを読む

前回、さまざまな快感を与えてくれる"お口シリーズ"で妄想を叶える喜びを教え込んだうさぎは、性豪へと昇格する最終ステージを前に、ついに“神の器”を取り出し...

続きを読む

世の中には、他者には見せないほうがいいものがある。例えば、「男の涙」。「男が泣いていいのは親が死んだ時だけ」という言葉を聞いたことがあるだろう。確かに、...

続きを読む

脱走したディータの代わりの戦士を見つけ出すべく、女性の性感帯を刺激するアイテム、電マとバイブを差し出したうさぎ。しかし、“性豪”への道のりは険しく、脱落...

続きを読む

明治時代にはさまざまな暴論や空論が猛威を振るったが、そのひとつに「オナニー害毒論」がある。 明治維新で成立した新政府は、日本をとにかく近代化しようと奮闘...

続きを読む

6日深夜に放送された『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)にグラビアアイドルの佐藤江梨子(31)が出演した。佐藤といえば、今年6月に約10年ぶりとなる...

続きを読む

前回、謎の女性・うさぎの導きによって、オナホールを手に入れた童貞戦士ディータ。これでオナニーステージは制覇した、と思いきや、またしてもオナホールを授ける...

続きを読む

ある日、28歳の童貞ディータのもとを、見知らぬ女性が訪れる。うさぎと名乗るその女性は、戸惑う彼にこう告げた。「あなたは選ばれし童貞。今すぐ童貞戦士となっ...

続きを読む

時代の流れと共に進化するのは、科学技術だけではない。男のオナニーも、飛躍的な進化を遂げているのだ。オナニーといえば、パンツを脱いでペニスを握り黙々とシゴ...

続きを読む

毎回「週刊誌グラビアレビュー」では、その週前後に発売された週刊誌のグラビアページを取り扱ってきましたが、紙媒体にはほとんど登場しないものの(エロ本除く)...

続きを読む

何のためにあるのか、その存在意義がよくわからないものがある。人間の身体で言うなれば、尾てい骨や親知らず、盲腸などが挙げられる。我々の祖先の時代は何らかの...

続きを読む

ひと昔前までの日本は、「普通」であることが美徳とされてきた。普通に学校を卒業して、普通に就職して、普通に結婚して、普通に子どもが産まれて、普通にマイカー...

続きを読む

濡れ場の中でもセックスシーンとはまた違った味わいを見せてくれるのが、女優たちのオナニーシーン。6月には映画『夢売るふたり』(9月公開)の中で松たか子が見...

続きを読む

ひと昔前までは、男性がオナニーをするのは精子が溜まるという身体の構造上当たり前だが、女性はオナニーしない人がほとんどである、という認識だった。というより...

続きを読む

「自己欲情死」などというと何とも堅苦しい用語であるが、要するにマスターベーションの行為中、またはその直後に何らかの原因によって死亡するケースである。この...

続きを読む

鴎外こと森林太郎といえば、幼少期からエリートとして育てられ、若い頃から小説や評論など多くの優れた作品を遺し、また『即興詩人』『ファウスト』をはじめとする...

続きを読む

最近、「膣内射精障害」という言葉が巷を賑わせている。膣内射精障害とは、文字通り膣内で射精できない症状のこと。射精自体が出来ないわけではない。オナニーでは...

続きを読む

新宿や池袋で手コキのオナクラが増えている。オナクラとは、女のコにオナニーを見てもらうだけの風俗で、オナニークラブの略だ。自分でシコシコして発射するのもい...

続きを読む

男性ならば、まるでサルのように日々オナニーを繰り返していた時代があるだろう。本稿を執筆している葉桜骨折も寝食を忘れ、借りてきたAVで行われる男女の性交を...

続きを読む

「後戯までがセックスです」 「帰るまでが遠足です」とかけているのか、最近セックスのハウツー本でやたら目にする言葉である。遠足は、歩き遠足だろうとバス遠足...

続きを読む

デビュー当時は「親の七光り」と揶揄されることも多かったが、着実に女優としての実力をつけ、日本映画に欠かせない女優となった松たか子。ヒット作にも恵まれ、木...

続きを読む

「本」といえば、昔は小説・エッセイが主流であったが、時代の流れと共にサブカル本や自己啓発本、ハウツー本といったジャンルも増えてきた。ハウツー本といえば、...

続きを読む

古今東西、オナニーをしない男性はほぼいない。女性もオナニーについてあけすけに語るような時代になってきた。だが、その“オカズ”についてはさまざまだ。かつて...

続きを読む

時代が進むにつれ、世の中にはどんどん新しいものが送り出されてくるが、反対に、最近見かけなくなったものもある。例えば、公衆電話。ひと昔前までは、当たり前の...

続きを読む

男性には、「自分の遺伝子をより多く残したい」という本能があるため、「色々な女性とセックスしたい」と思ってしまうのは自然なこと、という説がある。では、色々...

続きを読む

お尻の形のホールや、入り口から内部の整形にまでこだわりリアル感を再現しているホールなど、現在、日本において男性用アダルトグッズは隆盛を極めつつある! し...

続きを読む

「人生を変える言葉」「人生を変える一冊」などを目にすることが多くなってきた。先行き不安なご時世だからこそ、そういった言葉や本がおのずと注目されるのだろう...

続きを読む

日々、成年男子に快感を与えるべく進化を続けているオナホール。そして、それに比例するかのごとく我ら成年男子の欲求も強くなっており、今や"オナホは気持ちいい...

続きを読む

独身男性の夜の恋人"利き手"を超えるものを探して幾年月、我々は類まれなる情熱を持ち、"これ"に変わる存在を探している。その答えのひとつは、鎌倉時代頃から...

続きを読む

バンジージャンプや42.195キロのフルマラソンなど、一部の人しか行なわない行動もあれば、人間なら誰しもがとる行動もある。例えば、「食べること」。ダイエ...

続きを読む

世界的作家パウロ・コエーリョ作の大ベストセラー『ベロニカは死ぬことにした』が舞台化され、1月31日から2月5日まで六本木の俳優座で上演される。 この作品...

続きを読む

世の中には、似ているようで違うものが多数存在する。食べ物でいえば、「そうめん」と「冷や麦」、「焼き肉」と「バーベキュー」など。因みに、そうめんは直径1....

続きを読む

男性が3度のメシと同じくらい大好きな「オナニー」。一般的には手で行うものだが、工夫や道具次第でさまざまな快感を体験できる。現代でも、手では物足りなくなっ...

続きを読む

「何故、オナニーをするのか?」、それを聞くのは野暮というもの。オナニーをする理由を問われたら、「快感を得るため」と、誰もが口を揃えてそう答えるであろう。...

続きを読む

「射精管理」と聞くと、おそらく大半の人がミストレス(女王様)とマゾヒスト男性のSMプレイを思い浮かべるであろう。SMプレイにおける「射精管理」とは、例え...

続きを読む

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週