> 

イギリスの記事一覧

昔から「処女の値段はいくらになるか」とか「処女は損害賠償の対処となるのか」などといった、処女に対する論争は多い。これは、視点や立場、よりどころにする規範などによってさまざまに変化するので、「処女の価値」などという漠然とした問いに答えるのは非常に難しい。


米・フロリダ州で持続的な性的興奮を引き起こす病気に苦しんでいたグレッチェン・モランネンさん(39)という女性が自殺した。海外ニュースサイトが報じたもので...

続きを読む

続きを読む

2009年の文部科学省の調査によると、日本の小中高校で認知された「いじめ」の数は約7万3,000件に上った。教育現場での一般的、かつ深刻な問題であるいじ...

続きを読む

日頃お堅いと思われがちなイギリス人。実はその伝統的でストイックな清教徒文化の裏には、いわゆるむっつりスケベ的な面があるのではなかろうか(というのは筆者の...

続きを読む

女性には、ムショウに「母親になることに憧れる」時期というものがある。20代後半に差し掛かると、女性の多くは「結婚」「出産」ということを頭に思い描き始める...

続きを読む

イギリスで「Gスポットの存在は疑わしい」という研究論文を今年7月に発表した学者が、世界中、特にフランス人から非難を受け、自説を曲げざるを得なくなっている...

続きを読む

幕末から明治にかけて日本国内に欧米人が大量に流入してきたが、そうした状況の中で外国人による日本女性への性的な事件も増加していった。 特に当時話題になった...

続きを読む

昨年10月、英国でニコラ・パジントンさん(当時30)という独身女性が自宅のベッドで変死しているのが発見された。死亡したニコラさんは金髪でスレンダーな体型...

続きを読む

今年5月9日の英国「デイリー・メール」紙によれば、妻に性的な対象として見られていない男性は、妻に性的な対象として見られている男性と比べ、心臓病や脳卒中の...

続きを読む

イギリスの百貨店「デベンハムズ」が行ったリサーチによると、同国でかなり色気のない「女性用スカート付き水着」が前年以上に売れ行きが好調だという。一方の、ビ...

続きを読む

以前、イギリスで「アノ時の騒音」がすごく逮捕されてしまったカップルの話を書いたが、今度は同国で町の議会によって夜のセックスを禁止されてしまったカップルが...

続きを読む

ロンドンの老舗デパート「セルフリッジ」によれば、同店の女性下着売り場で売れるブラジャーのカップサイズが年々大きくなっているという。しかも、DからGカップ...

続きを読む

欧米でも日本でも離婚率が高くなっている今、すでに「バツイチ」という言葉に後ろめたさは感じられない。それどころか、離婚を悲しい結末としてではなく、人生の再...

続きを読む

田舎暮らしで隣人が遠いならまだしも、家々がひしめき合う街中で、夫との仲が良すぎるのも考えものかもしれない。 「The Telegraph」によると、イギ...

続きを読む

経済不況の厳しいこの世の中。イギリスでも他の国と同じように、金融・銀行業界がかなりの打撃を受けているようである。しかし、それに反比例して、ある産業が不況...

続きを読む

どうやら、経済不況、特に銀行の経営難が、イギリスの銀行業界で働く男女に意外な部分で影響を及ぼしているらしい。イギリス国内で様々な批判を受け続けている銀行...

続きを読む

イギリス、スコットランド発「もっと野菜を食べなさい!」という母親の声が、未だ独身のあなたには、別の意味を持って迫ってくることになるかもしれない研究結果が...

続きを読む

<イギリス発> イギリスで行われたアンケートにより、イギリス人女性の多くが常識では考えられないような避妊法が効くと思い込んでいることが判明した。 BBC...

続きを読む

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週