> 谷崎潤一郎

谷崎潤一郎

谷崎潤一郎(1886~1965)といえば、いうまでもなく近代文学を代表する作家の一人である。『刺青』『痴人の愛』『蘆刈』『細雪』といった、短編から長編まで耽美派として数多くの小説を残したほか、『陰翳礼賛』などの評論や、紫式部『源氏物語』の現代語訳など、文学的な業績は多い。また、性的な題材を取り上げることも多く、『鍵』...

【日本のアダルトパーソン列伝】谷崎潤一郎:文豪同士の妻譲渡事件

陰部の疼きが......近代日本文学のエロ傑作選!

――「英子さん」部屋の英子がこちらを向いた気配に、彼は勃起した陰茎を外から障子に突きたてた。障子は乾いた音をたてて破れ、それを見た英子は読んでいた本を力...

続きを読む

1
Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週