> 明治時代

明治時代

人類を苦しめ続けている事象のひとつに伝染病がある。そのなかでも、性感染症はとくに厄介だ。エイズや梅毒などのように重篤な状態にまで進行する危険な病気があるにもかかわらず、感染していることがわかりにくかったり、あるいは世間の目などを気にして感染者自身がその事実を隠しがちになったりするからである。その結果、さらに感染が拡散...

政府要人が異例の協議を行うほど性感染症が蔓延した明治時代

他人の妻を激安で買った男、しかも分割払い

明治期の新聞をながめていると、自分の妻を「売った」とか「抵当に入れた」「牛と交換した」などといった記事がしばしば登場する。まるで人身売買ではないのかと思...

続きを読む

「銘酒屋」に「新聞縦覧所」 名目をつけて営業していた明治時代の風俗スポット

明治維新以後、明治新政府は性に対してさまざまな規制を実施し、庶民生活にまで弾圧とも言えるような締め付けを行った。銭湯における混浴を禁止したのはまだしも、...

続きを読む

明治期から昭和初期まで信じられていた「オナニー害毒論」の驚くべき内容

明治時代にはさまざまな暴論や空論が猛威を振るったが、そのひとつに「オナニー害毒論」がある。 明治維新で成立した新政府は、日本をとにかく近代化しようと奮...

続きを読む

「昔の女性はたおやか」は幻想…明治の少女たちもワルだった、恐怖の「女愚連隊」

「最近は女性が強くなった」などと言われるようになったのは、いつ頃からであろう。よく知られているのが「戦後は女性とストッキングが強くなった」というヤツで、...

続きを読む

風が吹いて「チラ見え」でも即逮捕 明治時代の異常な「公然ワイセツ」取り締まり

明治維新後、新政府は日本を近代化させるために猛烈なエネルギーを注いでさまざまな策を講じた。そのなかには、暴走というか珍妙というか、あまりに強引なものも少...

続きを読む

何度禁止しても守られなかった「男女混浴」

明治維新の後、新政府は日本を欧米列強と対抗できるよう、さまざまな施策を講じた。それはしばしば庶民の生活にも干渉することが少なくなかったが、そうした変革の...

続きを読む

フーゾクが「公定料金」だった時代

役人とか“お上”という階層は、何か事態が起きれば、手当たり次第に規制や統制をしたがるというのは昔から変わっていないらしい。フーゾクに関しても、明治の新政...

続きを読む

仰天!「ペニスが2個ある男性」の発見

明治26年6月のこと、『東京朝日新聞』に岐阜県のある村で小学校の教師をしている21歳の男性のことが取り上げられた。その男性、体格は中肉中背でごく普通の健...

続きを読む

1
Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週