社会

【事件簿】いつの時代もヒドイ男はいるもので…良家の奥方が売春婦志願したワケ

【事件簿】いつの時代もヒドイ男はいるもので…良家の奥方が売春婦志願したワケ
 大正15年(1926)7月21日の午後4時頃のこと、警視庁洲崎署(現・深川署)に身なりのキチンとしたご婦人がやってきた。そして、対応した署員に「娼妓になりたい」と告げた。娼妓とはいうまでもなく、売春を業とする女性のことである。  当時はまだ、売春にかかわる営業は合法的に認められていた。「認められていた」というと異論もあるが、広義に解釈すれば、明治6年に施行された「東京府貸座敷及び芸娼妓規則...

オススメ記事

人気記事ランキング

今日
今週

関連リンク

グラビアギャラリー

  • 「自分でもエロさ具合がヤバいなって(笑)」ぽちゃドル界のニューカマー、Hカップグラドル・天草七美
  • 「最初から結構脱いだので、突っ走った感じはしますね」スレンダー美女・宮脇麻那、ラストDVD!
  • “神のくびれ”を持つグラドル・古仲カナコ! ライバルは鈴木ふみ奈&川崎あやの両横綱
  • 縛られて“気持ちいいかも”って思っちゃった…Fカップグラドル・永井すみれ、ラストDVDで拘束プレー初体験
  • 上はジャージで下半身はホウキで隠し…非現実的なエロシチュエーションもなんなくこなす春野恵!!
  • 「超セクシーなのをやってみたい!」 “可愛すぎるアイドル”手塚せいあ、早くも脱清純派宣言!?
  • JカップグラドルがAカップ下着をつけ…うさまりあ、おっぱいフェチ必見のファーストDVD
  • 森下悠里、芸能生活12年目にしてTバック解禁! グラビアへの意欲は衰えず、目指すはアラフォーグラドル!?

close