社会

【事件簿】良家の令嬢が夜の女になった経緯

【事件簿】良家の令嬢が夜の女になった経緯
 明治28年(1895)8月頃のこと、東京・東信濃町(現・信濃町)のすし店兼銘酒店でお楽という19歳の女性が働いていた。  ちなみに、銘酒屋または銘酒店とは、字面だけ一見すると居酒屋かバーのようなものを連想しがちであるが、れっきとした風俗店である。すなわち、表向きは酒を飲ませる店ということにしておいて、実際には売春が主な営業内容となっていた。つまり、客は酒を飲むためにくるわけではない。店内の...

オススメ記事

人気記事ランキング

今日
今週

関連リンク

グラビアギャラリー

  • 恵比寿マスカッツのころは覚醒していた!? 児玉菜々子、本気で恥じらう表情が見どころの4年ぶりイメージ作品
  • 下町のマリリンモンロー・平塚奈菜、すっごいハイレグ水着でマッサージされ思わず悶える!
  • スレンダー美少女・船岡咲、ナチュラルな自分を曝け出した最新イメージ作品!!
  • 「露出はわたし史上最大!」アラサーグラドル・金山睦、フェミニンなシーンと女王様っぽいシーンとのギャップが楽しめる最新イメージ作品
  • 高身長Hカップグラドル・神宮寺かなん、おっぱいマッサージで“限りなくIカップ”に! 「ずいぶんハードになった」2ndイメージ作に注目!!
  • 「ノーブラは初めてだったんで面白かった」金髪ショートの大注目アイドル・篠崎こころ、2ndイメージ作品リリース
  • 「業界に慣れすぎて、眼帯水着に疑問を持たなくなった自分が怖い」和地つかさ、最新イメージ作で初心に帰って砂浜を走る!?
  • 「本当は飲めないのに白ワインを飲んで酔っぱらっちゃいました」高梨れい、規格外のHカップダイナマイトボディが堪能できる2ndイメージ作

close