社会

「梅毒の特効薬は死者の脳ミソ」密売人が逮捕された事件

「梅毒の特効薬は死者の脳ミソ」密売人が逮捕された事件
 大正14年8月10日、栃木県鹿沼町(現・鹿沼市)にある火葬場で、遺骨を受け取りにきた遺族が施設内の物置小屋に人間のものと思われる脳が隠してあるのを発見。警察に届け出た。これを受けた鹿沼署は、47歳の火葬場職員を呼んで取り調べたところ、荼毘に付す前の遺体の頭部をなたで割り、脳を取り出していたことを自供した。犯行の理由は、「薬種業者に頼まれたから」だった。  明治や大正の新聞や歴史資料をみると...

オススメ記事

人気記事ランキング

今日
今週

関連リンク

グラビアギャラリー

  • 恵比寿マスカッツのころは覚醒していた!? 児玉菜々子、本気で恥じらう表情が見どころの4年ぶりイメージ作品
  • 下町のマリリンモンロー・平塚奈菜、すっごいハイレグ水着でマッサージされ思わず悶える!
  • スレンダー美少女・船岡咲、ナチュラルな自分を曝け出した最新イメージ作品!!
  • 「露出はわたし史上最大!」アラサーグラドル・金山睦、フェミニンなシーンと女王様っぽいシーンとのギャップが楽しめる最新イメージ作品
  • 高身長Hカップグラドル・神宮寺かなん、おっぱいマッサージで“限りなくIカップ”に! 「ずいぶんハードになった」2ndイメージ作に注目!!
  • 「ノーブラは初めてだったんで面白かった」金髪ショートの大注目アイドル・篠崎こころ、2ndイメージ作品リリース
  • 「業界に慣れすぎて、眼帯水着に疑問を持たなくなった自分が怖い」和地つかさ、最新イメージ作で初心に帰って砂浜を走る!?
  • 「本当は飲めないのに白ワインを飲んで酔っぱらっちゃいました」高梨れい、規格外のHカップダイナマイトボディが堪能できる2ndイメージ作

close