社会

芸術作品を警察から「ワイセツ」と指摘され巨匠が激怒した事件

芸術作品を警察から「ワイセツ」と指摘され巨匠が激怒した事件
 明治28年(1895)4月1日、京都で開催された内国勧業博覧会に出展された一枚の絵画が事件の発端となった。  その絵画とは、黒田清輝の『朝妝(ちょうしょう)』で、外国人らしき全裸の女性が鏡の前に立って髪を束ねているところを描いた作品である。身支度や化粧などをするごく自然なポーズで、構図やアングルもとくに奇異な物ではない。また、作者の黒田清輝は当時28歳、海外でも才能を評価された新進気鋭の画...

オススメ記事

人気記事ランキング

今日
今週

関連リンク

グラビアギャラリー

  • コマ送りを奨励するほどキワドイ場面だらけ!? Hカップグラドル・南野さら、デビュー作はハプニングの連続
  • “初めて”を捧げた荒々しい性癖の持ち主と…アラサーグラドル・北谷ゆり、最新イメージ作品で大人セクシー
  • 裸にオーバーオール!! 現役女子大生グラドル・忍野さら、最新イメージ作品でも攻める!
  • 「おっぱいが暴れちゃった」 Iカップ爆乳グラドル・青山ひかる、ノーブラで初めての○○姿
  • スク水で胸ポッチ、ニップレス&パンイチ…逢坂愛、最新作で“着エロ”原点回帰! 
  • 23歳とは思えない色気と肉感的ボディ! Fカップグラドル・藤木美咲、女教師に扮し生徒を誘惑
  • 眼帯ビキニでのマッサージがエロすぎる! Fカップグラドル・伊藤里織「気持ちよすぎて思わずうっとり」
  • ワイルド系Gカップグラドル・西岡葉月、髪の毛を黒く戻して清純系にイメチェン!?

close