社会

芸術作品を警察から「ワイセツ」と指摘され巨匠が激怒した事件

芸術作品を警察から「ワイセツ」と指摘され巨匠が激怒した事件
 明治28年(1895)4月1日、京都で開催された内国勧業博覧会に出展された一枚の絵画が事件の発端となった。  その絵画とは、黒田清輝の『朝妝(ちょうしょう)』で、外国人らしき全裸の女性が鏡の前に立って髪を束ねているところを描いた作品である。身支度や化粧などをするごく自然なポーズで、構図やアングルもとくに奇異な物ではない。また、作者の黒田清輝は当時28歳、海外でも才能を評価された新進気鋭の画...

オススメ記事

人気記事ランキング

今日
今週

関連リンク

グラビアギャラリー

  • 「Aカップも出し惜しみなし(笑)」 “至高のちっぱい”グラドル・鈴木咲、ラストイメージ作品!!
  • 「EカップからFカップ」に成長! グラビア復帰の寺田安裕香、久々のDVDでムッチリボディを大公開
  • 雪のように白い肌を引き締める黒ビキニ! お嬢様系新人グラビアアイドル・宮瀬葵菜、ファーストDVD発売イベント
  • G☆Girls・永井里菜、浴衣姿で乱れまくる最新イメージDVD! 得意のY字バランスはI字に進化!?
  • 料理が上手くて脱いだらエロいカラダだなんてどう考えても最高! 戸田れい、Tバック超えの過去最大露出イメージDVD
  • 「包帯ビキニはマジでスースーしました(笑)」 美尻で人気急上昇中のグラドル・朝比奈祐未、イメージDVD発売イベントにセクシーすぎるビキニで登場!!
  • 杉原杏璃に鼓舞され奮起! 椎名香奈江、セクシー要素を増やし臨んだ約2年ぶりのDVD
  • 「言うほどでかくないがそこそこでかい」おっぱいの魅力発揮!? ぱいぱいでか美、待望のファーストDVD

close