社会

芸術作品を警察から「ワイセツ」と指摘され巨匠が激怒した事件

芸術作品を警察から「ワイセツ」と指摘され巨匠が激怒した事件
 明治28年(1895)4月1日、京都で開催された内国勧業博覧会に出展された一枚の絵画が事件の発端となった。  その絵画とは、黒田清輝の『朝妝(ちょうしょう)』で、外国人らしき全裸の女性が鏡の前に立って髪を束ねているところを描いた作品である。身支度や化粧などをするごく自然なポーズで、構図やアングルもとくに奇異な物ではない。また、作者の黒田清輝は当時28歳、海外でも才能を評価された新進気鋭の画...

オススメ記事

人気記事ランキング

今日
今週

関連リンク

グラビアギャラリー

  • 原宿系ギャル・愛羽千鶴、恥じらいながらも健康的なボディをさらけ出す!
  • スロー映像でド迫力のJカップに酔いしれろ! 結城ちか、最新イメージDVDで“暴れ乳”がタプンタプン!!
  • 「年齢も重ねたので、よりセクシーさを意識した」葉月ゆめ、2年ぶりの新作で“大人セクシー”に攻める!
  • 「童貞10人くらい殺せそう」Hカップ新人グラドル・一之瀬瞳、初イメージDVDでアノ衣装着用!
  • 「もう少し清楚にやればよかった(笑)」 グラビアデビューした人気コスプレイヤー・水瀬ももこ、ファーストDVDからがんばりすぎた!?
  • 「ポスト久松郁実」の呼び声高いモグラ女子・原あや香、最新DVDでCAに扮し“機長とイケナイ関係”に!
  • 思わず抱きつきたくなるような色白むっちりボディ! 桜りん、水着解禁ファーストDVDでポロリ頻発!?
  • 北海道のご当地アイドル・本田みく、グラビアデビュー! セーラー服に競泳水着など、まさに“正統派”な1stDVDに!!

close