社会

レイプは微罪だった江戸時代

レイプは微罪だった江戸時代
 性犯罪のなかでも卑劣極まりないもののひとつが、レイプすなわち強姦である。日本の江戸時代においてもレイプが犯罪であったことに変わりはない。  だが、当時はレイプに対する処罰は現在に比べれば非常に軽かった。現在では強姦は2年以上の懲役である(刑法177条)。これに対して江戸時代は、人妻をレイプした場合には最高刑が死罪であるが、未婚女性の場合には追放である。立場や家族構成にもよるだろうが、単に「...

オススメ記事

人気記事ランキング

今日
今週

関連リンク

グラビアギャラリー

  • 「後ろなんて紐一本なのでほぼ丸見え」 Hカップグラドル南野さら、過激なY字形水着でファン悩殺!
  • 「日本一黒いグラドルを目指します!」 橋本梨菜、最新作ですっごいハイレグの下乳が出る変形水着!!
  • 話題の「ぽちゃドル」紺野栞、ピンクのビキニからこぼれるFカップおっぱい♪
  • 「なにを舐めているかは皆さんの想像次第(笑)」グラビア界の舐めクイーン・小柳歩、朝からベッドで大暴走!?
  • トップグラドル顔負けのハイスペックボディ! 桜空もも、Gカップおっぱいと魅惑のくびれ
  • 「激しく泳ぐとおっぱいが出てきちゃいそうに…」マシュマロGカップ・園都、エロすぎる格好で従兄弟を誘惑!
  • 他の追随を許さない圧倒的なボリューム! 完全復活したJカップグラドル・桐山瑠衣、DVD発売イベントで水着の紐が取れるハプニング
  • 「ポロリは99連発くらい(笑)」Iカップ猫娘・青山ひかる、葉っぱブラでポロリ連発!?

close