社会

レイプは微罪だった江戸時代

レイプは微罪だった江戸時代
 性犯罪のなかでも卑劣極まりないもののひとつが、レイプすなわち強姦である。日本の江戸時代においてもレイプが犯罪であったことに変わりはない。  だが、当時はレイプに対する処罰は現在に比べれば非常に軽かった。現在では強姦は2年以上の懲役である(刑法177条)。これに対して江戸時代は、人妻をレイプした場合には最高刑が死罪であるが、未婚女性の場合には追放である。立場や家族構成にもよるだろうが、単に「...

オススメ記事

人気記事ランキング

今日
今週

関連リンク

グラビアギャラリー

  • ロリ巨乳グラドルがJカップを目指して奮闘中!? 二宮さくら、縄跳び・手ブラなどなど“Iカップの魅力満載”な最新イメージ作!
  • 寿エリカ、“ひたすら”オッパイにこだわった3年ぶりのイメージ作品! 監禁シーンに「エロ心が芽生えました(笑)」
  • 1stイメージDVDがスマッシュヒット! グラビア界の超新星・愛生、大胆衣装は「横から丸見えで、まさにギリギリで危なかった」
  • 桐山瑠衣、バドワイザー柄のビキニからハミ出まくる超乳! 最新イメージ作で“付け根が痛くなるほど”揺れるオッパイ!!
  • セクシーな演技はお仕事モードだからできること!? 実は草食系だったHカップグラドル・橘花凛!
  • 「現場でのポロリなんてかまってられません!」野田彩加、アラサーグラドルの覚悟が詰まった“激アツ”な新作イメージ作!!
  • Hカップグラドル・葉月あや、谷間の白さ際立つ褐色ボディがエロすぎる! 「男遊びをしたい!」の爆弾発言も
  • “今、愛人にしたいグラドルNo.1”森咲智美、目隠し氷責めに「これがないと物足りない」と身もだえる!

close