カルチャー

拷問は国際条約などで禁止だが…発売前から話題の書籍『本当はやってはいけない拷問マニュアル』

拷問は国際条約などで禁止だが…発売前から話題の書籍『本当はやってはいけない拷問マニュアル』
 ここ1年ほど、AV業界では“拷問”という名のついた作品が人気である。その大半はハードSMを呼び変えただけだが、中には本格的な戦国時代から江戸時代に行われた責めを模した作品もある。  しかし、実写作品の場合は出演する女優の心身に致命的な傷を負わせる訳にはいかないため、どうしても限界がある。また、制作サイドも女優の状態を確認しながら責めなければ、撮影ではなくただの傷害になってしまう。  そこ...

オススメ記事

人気記事ランキング

今日
今週

関連リンク

グラビアギャラリー

  • 「露出はわたし史上最大!」アラサーグラドル・金山睦、フェミニンなシーンと女王様っぽいシーンとのギャップが楽しめる最新イメージ作品
  • 高身長Hカップグラドル・神宮寺かなん、おっぱいマッサージで“限りなくIカップ”に! 「ずいぶんハードになった」2ndイメージ作に注目!!
  • 「ノーブラは初めてだったんで面白かった」金髪ショートの大注目アイドル・篠崎こころ、2ndイメージ作品リリース
  • 「業界に慣れすぎて、眼帯水着に疑問を持たなくなった自分が怖い」和地つかさ、最新イメージ作で初心に帰って砂浜を走る!?
  • 「本当は飲めないのに白ワインを飲んで酔っぱらっちゃいました」高梨れい、規格外のHカップダイナマイトボディが堪能できる2ndイメージ作
  • 忍野さら「ブルーレイでは観ないで!と言いたいくらい」接写だらけのイメージ最新作!! バリ島で悩殺ボディとG乳炸裂!!
  • 元ジュニアアイドルがすっかりイイ女に…鶴巻星奈、18歳最後のDVD&ブルーレイ!
  • 「私のファンの方はM気のある方が多いらしくて…」Gカップグラドル・深井彩夏、ドSキャラで童貞の幼なじみを誘惑

close