芸能

韓流ブーム終了でK-POPが悲鳴…アジア人気が高くても日本に依存するワケ

韓流ブーム終了でK-POPが悲鳴…アジア人気が高くても日本に依存するワケ
 K-POPの日本国内での著作権収入が激減したとのニュースが話題になっている。著作権収入とは、テレビ、ラジオ、コンサートで韓国の音楽が使われる時に発生する使用料のこと。日本音楽著作権協会(JASRAC)を通じて韓国側に支払われるが、この一年で40%も減ってしまったというのだ。  現地新聞の朝鮮日報によると、韓流ブームに乗って日本での著作権収入は2010年に35億ウォン(約3億4千万円)、20...

オススメ記事

人気記事ランキング

今日
今週

関連リンク

グラビアギャラリー

  • 『ミス東スポ2017』特別賞・矢野冬子、初イメージ作品でDTを殺すセーター! きわどいシーン連発「皆殺し」セクシー!!
  • Gカップグラドル兼プロ雀士・篠原冴美、最新イメージ作で手錠をかけられ牢獄に入れられる「すごいインパクトのあるシーン」
  • 人妻だと思うとさらにソソる! 森下悠里、エッチすぎて「旦那さまには見せられない」ラストDVD!
  • 台湾出身のハーフ美女・YUMI、“お尻推し”グラビアデビュー!
  • 名峰“吉田山”の魅力(エロさ)再発見! 吉田早希、2年ぶりのDVDで「柔らかさが自慢」のHカップを揺らしまくる!!
  • 動くとすぐに飛び出しちゃうド迫力Gカップ! 「恵比寿☆マスカッツ」松岡凛、過激衣装でポロリ寸前
  • 現役“リケジョ”グラドル・菅井美沙、Fカップ美乳で同級生を誘惑! 4年ぶりのセーラー服に「ギリだと思う」
  • 「せっかくのGカップを生かそうと」舞台で活躍中の秋元なつこがグラビアデビュー! 大人の色気と無邪気な笑顔あふれる1stイメージ作品

close