芸能

韓流ブーム終了でK-POPが悲鳴…アジア人気が高くても日本に依存するワケ

韓流ブーム終了でK-POPが悲鳴…アジア人気が高くても日本に依存するワケ
 K-POPの日本国内での著作権収入が激減したとのニュースが話題になっている。著作権収入とは、テレビ、ラジオ、コンサートで韓国の音楽が使われる時に発生する使用料のこと。日本音楽著作権協会(JASRAC)を通じて韓国側に支払われるが、この一年で40%も減ってしまったというのだ。  現地新聞の朝鮮日報によると、韓流ブームに乗って日本での著作権収入は2010年に35億ウォン(約3億4千万円)、20...

オススメ記事

人気記事ランキング

今日
今週

関連リンク

グラビアギャラリー

  • 寿エリカ、“ひたすら”オッパイにこだわった3年ぶりのイメージ作品! 監禁シーンに「エロ心が芽生えました(笑)」
  • 1stイメージDVDがスマッシュヒット! グラビア界の超新星・愛生、大胆衣装は「横から丸見えで、まさにギリギリで危なかった」
  • 桐山瑠衣、バドワイザー柄のビキニからハミ出まくる超乳! 最新イメージ作で“付け根が痛くなるほど”揺れるオッパイ!!
  • セクシーな演技はお仕事モードだからできること!? 実は草食系だったHカップグラドル・橘花凛!
  • 「現場でのポロリなんてかまってられません!」野田彩加、アラサーグラドルの覚悟が詰まった“激アツ”な新作イメージ作!!
  • Hカップグラドル・葉月あや、谷間の白さ際立つ褐色ボディがエロすぎる! 「男遊びをしたい!」の爆弾発言も
  • “今、愛人にしたいグラドルNo.1”森咲智美、目隠し氷責めに「これがないと物足りない」と身もだえる!
  • “動けるGカップ”の本領発揮! 犬童美乃梨、最新イメージ作で「腰をグイグイ回してエロい感じのダンス」披露

close