芸能

「女だったら誰でもいいと思った」妻を亡くした直後に女に手を出す蛭子能収

「女だったら誰でもいいと思った」妻を亡くした直後に女に手を出す蛭子能収
 3日に放送された秋の特別番組『東野・有吉のどん底』(TBS系)に漫画家の蛭子能収(65)が出演した。  有名人たちの“どん底生活”を笑い飛ばそうという同番組で、蛭子は幼少期の極貧生活や麻雀賭博の現行犯で捕まったことなどを展開。しかし、いずれもよく知られた話であり、今さらテレビで流すようなことではなかった。が、2001年に前夫人が亡くなった当時の話になると表情が一変。他人の葬儀に出席するとな...

オススメ記事

人気記事ランキング

今日
今週

関連リンク

グラビアギャラリー

  • もはやポロリは日常茶飯事! 日本一エッチな女子大生・忍野さら、自慢のGカップおっぱいは私生活でも…
  • Hカップグラドル・RaMu、圧巻の着衣巨乳! 最新イメージ作は初体験だらけ?
  • ノーブラで毛皮を着たシーンも…クビレ女王・川崎あや、NGにしようと思ったくらい際どい衣装で“攻めた”最新イメージ作品
  • “ミラクル神ボディ”松嶋えいみ、タンクトップの肩紐をズラされ手ブラに…最新イメージ作品発売イベント
  • 「ポロリなしの撮影って難しい(笑)」ベテラングラドル・花井美理、950ミリの胸が大暴れする最新作!
  • 現役アイドルが「寝る時は全裸」の衝撃発言! 『アフィリア・サーガ』マホ、2ndイメージDVD発売イベント
  • 「自分でもエロさ具合がヤバいなって(笑)」ぽちゃドル界のニューカマー、Hカップグラドル・天草七美
  • 「最初から結構脱いだので、突っ走った感じはしますね」スレンダー美女・宮脇麻那、ラストDVD!

close