芸能

「女だったら誰でもいいと思った」妻を亡くした直後に女に手を出す蛭子能収

「女だったら誰でもいいと思った」妻を亡くした直後に女に手を出す蛭子能収
 3日に放送された秋の特別番組『東野・有吉のどん底』(TBS系)に漫画家の蛭子能収(65)が出演した。  有名人たちの“どん底生活”を笑い飛ばそうという同番組で、蛭子は幼少期の極貧生活や麻雀賭博の現行犯で捕まったことなどを展開。しかし、いずれもよく知られた話であり、今さらテレビで流すようなことではなかった。が、2001年に前夫人が亡くなった当時の話になると表情が一変。他人の葬儀に出席するとな...

オススメ記事

人気記事ランキング

今日
今週

関連リンク

グラビアギャラリー

  • 「大人の雰囲気満載! 初めて尽くしの内容!!」“ポスト壇蜜”の呼び声も高いグラドル・園都、事務所NGだったパンスト姿を解禁!
  • 「DVDの発売は本作で一旦お休み」 “くびれスト”川崎あや、セクシー度高めな集大成的イメージDVD!!
  • 「飲み姿カワイイGP」で話題のHカップグラドル・和地つかさ、「これまでで最高に大人!」なイメージ作品!!
  • 「やっぱりグラビアが好き♪」春菜めぐみ、1年ぶりのイメージ作品で下乳丸見えのサービスカット!!
  • 上は裸でシャツだけ羽織り…可愛すぎるキス顔で話題の星島沙也加、攻めのセカンドDVD!!
  • 博多発のHカップ“大型”新人グラドル・神宮寺かなん! 初イメージDVDでガンガン色気を出しまくる!!
  • ガーゼの眼帯水着!? 「ギリギリまで攻めたい」元芸能マネージャー・松川悠菜、イメージDVDデビュー!
  • Gカップコスプレイヤー・九条ねぎ、グラビア活動休止へ! ラストDVDは「かなりの露出」で幼なじみと…

close