>  > 

その他の記事一覧

サディズムやマゾヒズムは欧米の専売特許ではない。当然、わが国も例外ではなかろう。

続きを読む

いかに異性と親密になるかについては、古くから多くの日本人にとって関心のひとつであったことは言うまでもない。最近であればナンパに関するテクニックを紹介した...

続きを読む

SM業界に足を踏み入れて、かれこれ10数年。私、ライターの菅野久美子は、これまでいろいろなSM界に住む人に出会ってきた。 そこには、SMを通して人間の本...

続きを読む

ここ数年、男性中心だった公営競技への女性進出が目覚ましい。競輪は女性だけの『ガールズ競輪』がアイドル並みの人気を集め、競艇の女性選手には追っかけが存在す...

続きを読む

都市開発によって、夜の歓楽街としての表情がスッカリと変わってしまった新宿区歌舞伎町。かつては、日本を代表する風俗街であり、ファッションヘルスをはじめとす...

続きを読む

SM業界に足を踏み入れて、かれこれ10数年。私、ライターの菅野久美子は、これまでいろいろなSM界に住む人に出会ってきた。 そこには、SMを通して人間の本...

続きを読む

「テレビでは仲良さげに話してるのにさ、スタジオを出たら、にらみ合ったり、罵りあったり、忙しそうよね~(ニヤリ)」 皮肉を込めた感じで話しはじめたのは、某...

続きを読む

某ラジオ局を中心に派遣で清掃業を担当している中川さん(仮名)。現在60歳の彼女を私のような放送作家や局のスタッフは敬愛の意を込めて「中川おばちゃん」と呼...

続きを読む

大学を卒業して、SM雑誌の編集者を経てアダルト系のライターになった私は、さまざまなエッチな現場に立ちあってきた。うんこが香ばしく香り立つスカトロの現場も...

続きを読む

某ラジオ局を中心に派遣で清掃業を担当している中川さん(仮名)。その中川おばちゃんは、局内で見てはいけないものをよく見ちゃうという。それはいったい何なのか...

続きを読む

「行くんだったら午後3時過ぎだね。目のやり場に困るほどだよ」と、少しエロい含み笑いでそう切り出したのは、現在50歳の会社経営者であるS氏。Sは都内の某繁...

続きを読む

「今年は近年まれに見る豊作ですね」 もちろん、これは農家の方のコメントではない。これは大阪の某熟女風俗店の店長のコメント。つまり、働く女のコの質も人数も...

続きを読む

続きを読む

某ラジオ局を中心に派遣で清掃業を担当している中川さん(仮名)。その中川おばちゃんいわく、都内の某放送局の女子トイレは酸っぱい臭いがこもるのだという。それ...

続きを読む

続きを読む

「すっごく困るのよ、こっちが掃除ができなくてさ…」 そんな感じでぼやいているのは、某ラジオ局を中心に派遣で清掃業を担当している中川さん(仮名)。現在60...

続きを読む

「こっちは60歳過ぎのババアで単なる掃除係だから、アタシみたいのがいても気にしないで陰口の言いたい放題なのよね…」 そう切り出したのは、某ラジオ局を中心...

続きを読む

続きを読む

突然ですが、ある日、気付いたら「嫁ができていた」という状況になったら、あなたはどうしますか? しかも、ロシア人。さらに、その女性の正体が…ということは...

続きを読む

政府は2020年までに男性の育児休暇取得率を13%まで上げたいと考えているようだが、現状は2%にも満たず、まだまだ珍しい存在のイクメンたち。それゆえ他の...

続きを読む

続きを読む

ひと昔前まで、“出会い系”と名のつくものは性的な関係のみを目的とする男女の出会いの場だったが、いまや一般の人たちもそれを出会いのきっかけとして利用する時...

続きを読む

戦前の歓楽街を知るうえで、非常に貴重な資料が復刻され話題を呼んでいる。かつて国内に存在した歓楽街について紹介した資料、『全国遊廓案内』である。発行は昭和...

続きを読む

戦前の新聞をみてつくづく感心するのは、『朝日』とか『毎日』といった天下の大新聞に、アダルト系の広告が満載という点である。 その手の広告としては、怪しげな...

続きを読む

価値ある文献が次々に姿を消していくなか、たいへん貴重な書籍が復刻された。渡辺寛氏の著書『全国女性街ガイド』である。同書は売春防止法が完全施行される直前の...

続きを読む

続きを読む

安倍政権が進めてきた経済政策、いわゆるアベノミクスだが、結局は「失敗だった」という見方が大勢を占めているようである。その失態をごまかすために、安倍政権は...

続きを読む

明治維新による功罪のなかに、西洋の知識に対する追従がある。欧米に追いつけ追い越せと急ぐあまり、欧州などで流布している学説などをそのまま取り入れる傾向があ...

続きを読む

中国人観光客の間で大阪の裏風俗地帯『飛田新地』が人気観光スポットになっていると「週刊実話」(日本ジャーナル出版)が報じ、風俗ファンを驚かせている。 飛田...

続きを読む

風俗で働く女性たちの心配事のひとつといえば、病気すなわち性感染症だ。その予防と対策のために、定期的に医療機関で検査を受けている風俗嬢も多い。 さて、しば...

続きを読む

違法アップロードされたAVの視聴を煽る記事が週刊誌に相次いで掲載され、AV関係者が不快感を表明するなど波紋が広がっている。 有償の作品を権利者の許諾なし...

続きを読む

続きを読む

太平洋戦争開戦翌年の昭和17年といえば、マニラやシンガポール、ニューギニアなどを次々に占領、フィリピンでの米軍降伏など、緒戦は華々しい戦果が伝えられた。...

続きを読む

名古屋市街から地下鉄東山線で藤が丘方面に乗って約15分、本山駅で下車して南に徒歩5分程度、愛知県名古屋市千種区に桃巌寺という寺院がある。曹洞宗のいわゆる...

続きを読む

一時は日本の芸能界を席捲していた「韓流」の断末魔が聞こえてきた。 先日「韓流の聖地」といわれる東京・新大久保などに店を構える韓流ショップ「韓流百貨店」が...

続きを読む

90年代末から00年代初頭まで、ネットにあふれていたアイコラ(アイドルコラージュ)も、名誉毀損での逮捕者が出るなど、当局の締め付けで沈静化。最近はめっき...

続きを読む

こんばんは、地下アイドル(売れない)の姫乃たまです。アイドルを応援する気持ちが、自分の存在を認識してほしいという欲に変わり、果てはストーカーとなり、脅迫...

続きを読む

「夜這い」という言葉と慣習を昭和末期から平成にかけて掘り起こした人物として、赤松啓介の名を思い出す人も多いことだろう。 赤松は明治42年(1909)、兵...

続きを読む

性犯罪のなかでも卑劣極まりないもののひとつが、レイプすなわち強姦である。日本の江戸時代においてもレイプが犯罪であったことに変わりはない。 だが、当時はレ...

続きを読む

5日深夜に放送されたドキュメンタリー番組『NONFIX』(フジテレビ系)で、「イマドキ女子のこじらせ恋愛?」という特集が放送された。番組に登場したのは、...

続きを読む

続きを読む

日本時間24日未明に閉幕したソチ五輪。特に注目度の高かったフィギュアスケートの判定をめぐり、ロシア・韓国のネットユーザーの間で因縁が勃発し、現在も激しい...

続きを読む

江戸時代といえば儒教道徳が一般的だったことはよく知られているが、現在の人々が当時を誤解している点も少なくない。たとえば、『論語』にある「男女七歳にして席...

続きを読む

明治時代以前の日本において、処女を神聖視したり、特別視したりする考え方はまったくなかったことは何度も申し上げた。若い女性が付き合っている彼氏とセックスを...

続きを読む

三菱といえば戦前では三井や住友と並ぶ巨大財閥であり、戦後に解体されたがその後再結集され、現在でもなお産業界ではその名を冠した企業グループが一大勢力として...

続きを読む

20代女子や30代女子、いやいや40代も50代も、最近は女性の生き方がなにかと取り沙汰されている。それはなにも若者に限ったことではなく、もちろん未婚や既...

続きを読む

続きを読む

兵庫県西宮市のとある県道を走っていると、突然、車道の中央に巨大な岩があらわれる。道路は岩から逃げるように大きく迂回しており、初めて通る人は驚きとともにハ...

続きを読む

続きを読む

日本では、自分が死んだことを受け入れられなかったり、理解できなかったりして、亡くなった場所から離れず居続けている死霊のことを、「地縛霊」と呼び、取り憑か...

続きを読む

かつての日本の地域社会にごく普通に存在していた「遊び宿」や「夜這い」について紹介すると、男性たちが地域内の女性を性的に支配していたかのように勘違い、また...

続きを読む

日本の伝統的な性道徳の中で、処女というものに対してなんの価値もなかったことは何度か紹介した。この感覚は、日本の歴史や民俗学を学んだ者であればいわば普通に...

続きを読む

かつて日本各地で、「夜這い」がごく普通に行われていたことは、数々の資料によって明らかである。都市部などではすでに近世に廃れてしまっていたようだが、ほんの...

続きを読む

結婚生活において、セックスが大切であることはいうまでもない。とくに以前の日本では、家の繁栄のためにはもちろん、夫婦の日々の楽しみという点でも、セックスが...

続きを読む

現代の日本人が自国の性文化について誤解している点はいくつもあるが、そのひとつが「処女」に対する考え方であろう。 以前にも当サイトで書かせていただいたこと...

続きを読む

明治時代にはさまざまな暴論や空論が猛威を振るったが、そのひとつに「オナニー害毒論」がある。 明治維新で成立した新政府は、日本をとにかく近代化しようと奮闘...

続きを読む

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週