>  > 

アイドル音楽批評の記事一覧

2016年の年末は、アイドルの卒業発表に驚かされることが多かった。 特にlyrical schoolからami、ayaka、meiが卒業するという知らせには衝撃を受けた。lyrical schoolがtengal6という名義だった時代からのオリジナル・メンバーがいなくなってしまうのだ。


CDを積ませるのはもう限界だろ。そんなことを、仮面女子の「元気種☆」がオリコン1位を獲得した時点で感じたものだ。リリースは元旦、つまり2015年の冒頭か...

続きを読む

2014年7月8日にBiSが解散してから記憶がない。 ……という状態になれていたら幸せだったのだが、この連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて...

続きを読む

2014年がスタートして、早いもので私も1月2日からアイドル現場での活動をスタートしてしまった。今年もアイドルブームの勢いがある程度は持続するのではない...

続きを読む

苛立ちながら、諦めながら、しかしそれなりに楽しんでいた。それがアイドルをめぐる状況についての私の2013年だった。この不定期すぎる連載もグダグダすぎて恐...

続きを読む

今年の4月1日は、ほぼインターネット上にのみ残った文化と言えるエイプリルフールの騒ぎを横目に、Saori@destinyのことを思い出していた。彼女が最...

続きを読む

「アイドル戦国時代」に悪態をつき続けてきた本連載も4年目を終えようとしている。アイドルブームが意外と長く続くので、もはや悪態をつくのも疲れた。それが偽ら...

続きを読む

アイドルにはいつか終わりが来る。松田聖子のような「永遠のアイドル」がごく稀な存在なのはご承知の通りで、多くのアイドルは自分の意志や、事務所の都合で、いつ...

続きを読む

地上だの地下だの現場だの在宅だのと、とかくアイヲタ(=アイドルオタク)の世界は騒がしい。今回から始まるこの連載は、元々はロックやワールドミュージックの音...

続きを読む

9月の終わり、まるでロック・フェスティヴァルのアイドル版のようなイベント『TOgether2 A→B→C』が開催された。サエキけんぞう主催によるこのイベ...

続きを読む

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週