>   >   >  グラビア界で話題のアスリート系美女

体育の日! 椿原愛、朝比奈彩、才木玲佳…グラビア界で話題のアスリート系美女に注目


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

 最近はグラビア界でもアスリート出身の美女が増加している。10月8日は体育の日ということで、話題のアスリート系美女に注目してみた。

 

 今、グラビア界で注目されているアスリート系美女といえば、抜群のFカップボディで人気を集める椿原愛(26)だ。元々はギャル系ファッション誌でモデルとして活動し、2016年からグラビア活動をスタートさせた。イメージ作品は軒並みヒットし、講談社主催のオーディション「ミスiD2018」で『倉持由香賞』を獲得。今年4月にはネットバラエティ番組『妄想マンデー』(AbemaTV)で企画された写真集にも登場した注目の存在だ。

 一見するとスポーツと縁遠いようなルックスだが、実は高校時代に走り高跳びでインターハイ・国体に出場した実績の持ち主。地元・富山県の陸上の強豪校に特待生として通っていたというが、本人いわく「高校1年の頃から身体が『女』になっちゃって記録が伸びなくなった」といい、ギャル系モデルなどを経てグラビアに転向した。

 体つきは陸上に不向きになってしまったようだが、身長165センチ、スリーサイズ上からB88・W60・H90で「和製ミランダ・カー」とも称されるFカップボディはグラビアと相性抜群。アスリート出身らしい引き締まったくびれと豊満なバストで多くの男性を魅了している。

 

 

 また、モデルとしても活躍する朝比奈彩(25)もグラビア界のアスリート系美女のひとり。171センチの高身長で驚異の「9頭身」スタイルの持ち主として知られ、ファッション誌「Ray」(主婦の友社)の専属モデル(現在は卒業)を務めながら、男性向け水着グラビアでも大人気となった。

 こちらも容姿端麗でスポーツなどあまり経験がなさそうなイメージがあるが、実は小学校3年生から高校卒業まで10年間も陸上競技に打ち込んでいた根っからの体育会系。高校では部のキャプテンを務め、短距離で兵庫県の県大会8位に入賞。高校最後の大会で「100メートル12.8秒、走り幅跳び5メートル30センチ」という自己ベストをたたき出したというから相当な実力だ。


『現役&本物アスリートAVデビュー 8TITLE全コーナー入り8時間』


鍛え抜かれたカラダは美しい

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週