>   >   >  色気がすごい人妻を講習したら…  > 3ページ目

【元デリヘル店長の回想録】色気がすごい人妻を講習したら逆にヒーヒー言わされた


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  


 ラブホテルに入室した途端、ちづるはあたりをキョロキョロと見渡し始めた。


「なんかラブホテルって久しぶりで、ドキドキしてきちゃいました…」


「旦那さんとは全然来てないの?」

「そうなんですよ-。前まではたまに来てたんですけど、結婚してからは全然なくて」

「あはは。これから仕事で何度も使うことになるから、またすぐに慣れるよ」

 彼女は“そうですね”と小さく相槌を打って笑う。

 緊張がほぐれたのか、面接時よりも自然な笑顔だった。


「それじゃあ、まずはシャワーを浴びようか」

「は、はい!」


 脱衣所で服を脱ぎ、お互いに裸になる。

 全貌が明らかになった彼女の体は、やはり抜群のプロポーションだった。

 長い手足にはっきりしたくびれ。若々しさが感じられる色白の肌に、思わず息を呑む。


「ちづるちゃん、本当にスタイルいいね」

「そ、そんな。恥ずかしいです…」


 片手で胸、片手でアソコを必死に隠そうとする仕草が男心をくすぐる。

 見ているだけで勃起してしまいそうになるのを悟られぬよう、私は急いでシャワールームに入った。

 ふたりで一緒にシャワーを浴びながら、体の洗い方や密着洗体の方法を教える。

 ちづるはコチラの教えをよく理解し、サクサクと技術を覚えていく。


(この調子なら即戦力だな。よし、次はベットプレイを見せてもらおう)


 シャワーを終えた後、濡れた体を拭いて、そのままベットにふたりで腰掛ける。


「それじゃあ、ちづるちゃん。俺をお客さんだと思ってイカせるまで頑張ってみて」


「わかりました! フェラとか手コキとかですよね?」

「そうだね。お客さんからの要望がないなら、基本的にフィニッシュはフェラでしてあげて」

「了解です!」


 元気よく返事したちづるは、私をベットに押し倒し、覆いかぶさるようにして耳を舐め始めた。

んちゅ、ぺちゃ、んちゅ…。


 耳元で唾液音が響く。

 いやらしく官能的な音に体がブルッと反応する。

「フフ、耳舐め好きなんですか?」


 さっきまでの可愛らしい声から一転、セクシーな囁きで言葉責め。

 実際、気持ちいいんだから反論できない。私は大人しくコクコクとうなずいた。


『誘惑パンチラ女子校生見せつけ挑発する小悪魔テクニシャン なつめ愛莉』


可愛くてテクニシャンとか最高すぎる!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週