>   >   >  双子風俗嬢を講習した話・姉編  > 3ページ目

【元デリヘル店長の回想録】世にも珍しい双子風俗嬢を講習した話 ~淫乱な姉編~


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  


【姉の得意プレイは…】

 ラブホテルに到着した私は、一通り入室からの作法をアキに教え込む。

 彼女は思った以上に物覚えが早く、一度の説明で仕事のほとんど理解した。


「それじゃあ、早速シャワー浴びようか」

「了解です!」


 そう言うと、アキは恥ずかしがる様子もなく、パパッと自分の洋服を脱ぎ捨てた。


「アキちゃん、まずはお客さんの服を脱がしてからにしようね(笑)」

「あっ、すいません。つい(笑)」


 照れ笑いで誤魔化すアキ。

 彼女の後を追うようにして、私もシャワールームに。

 二人でシャワールームへ入った後、アキはシャワーを出して温度を手で確かめてから、私の体にかけ始めた。


「熱くないですか?」

「あぁ、大丈夫だよ」

「じゃあ、洗っていきますね」


 アキは手に直接ボディソープを取り、体を丁寧に洗っていく。

 胸元、脇、足の付け根…、にゅるにゅるとした“こそばゆい”ような感触が、何とも気持ち良い。

 そして、そのまま彼女は私のペニスと玉に刺激を与える。

 まるでローションを使っているかのように滑りが良くなり、強い快感が私を襲う。

 さらにアキは、その状態からさらに乳首をチロチロと舐め始めた。

 寝そべりながらの乳首舐め手コキは幾度となく味わってきたが、シャワー室で立ったままされるのは初めてだった。


「アキちゃん上手いね! OK! じゃあ、次はベット行ってみようか」


 このままではイッてしまいそうと悟った私は、冷静を装って行為を中断させる。

 講習の名目なのにこんなところで暴発させてはメンツが立たない。



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週