>   >   >  双子風俗嬢を講習した話・姉編  > 2ページ目

【元デリヘル店長の回想録】世にも珍しい双子風俗嬢を講習した話 ~淫乱な姉編~


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  


【面接で明らかになる二人の性格】


 姉は茶髪のアキ、妹は黒髪のナツ。

 見た目は似ているものの、性格まで同じではないようで、二人の特徴が徐々に明らかになっていく。


「セックスとかそういう行為は好きな方?」

アキ「大好きです!」

ナツ「こっちからしてあげるのは不得意かも…」

「フェラは得意かな?」

アキ「めっちゃ得意ですし、好きですね」

ナツ「あまりしたことなくて…」


 どうやらアキとナツには男性経験自体に差があるようで、それはアキの方が圧倒的に豊富そうであった。

 ハキハキとした喋り方や人当たりの良さから見るに、接客業の経験者だろう。

 妹のナツはどちらかというと内向的な性格らしく、面接中も常に目線を落としたままで私と目を合わせない。

 だがこうした性格の子ほど、ベットではイジメ甲斐があるというものだ。

 そんな二人だが、ただ唯一、はっきりと意見が一致した質問があった。

「ちなみに姉妹で3Pとかってできる?」

「無理です」「無理です」


 答えを用意していたのではないかと思うほど即答で、即決。

 姉妹プレイとか絶対売れるのになぁ…と残念に思いながら面接を進める。

 そして、この辺りから私のいつもの悪い癖が出始めてしまう。


「話を聞くかぎり、二人ともまだお客さんの前に出られるか分からないレベルだから、講習を受けてもらうね」

アキ「わかりました!」

ナツ「は、はい…」

 講習なんてほぼ義務付けられていない。

 求人の情報にも“講習はありません!』と明記しているのにもかかわらず、私はさも講習が当たり前かのように話を進める。要するに、

ただの私利私欲だ。


「とりあえず、二人とも採用させてもらうから。まず今日のところはアキちゃんから講習ね。で、明日はナツちゃんの講習ってことで」


 スタッフに声を掛けて送迎用の車を準備させる。

 妹のナツを講習が終わるまで待たせるわけにはいかないので、先に帰してやった。

「さっ、それじゃ行こうか」

「はい!」


 私はアキを連れて、近くのラブホテルへと向かった。



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週