>   >   >  テレビ出演の見返りは極上の美形OL  > 5ページ目

【ネットナンパ】ノーギャラでテレビ出演! その見返りは極上の美形OLだった!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

 そうこうしているうちに、ホテル街に到着。筆者は一切の迷いなくグレードの高いラブホを指さした。


「あそこに入ろうか? お風呂が広くて綺麗なんだ」

「はい。楽しみです♪」


 ここで、K子ちゃんが急に腕をからめてきた。

 突然のボディタッチに驚きながら、なんとか冷静さを保つ筆者。

傍から見たら本物のカップルにしか見えないだろう。


 心臓をバクバクさせながらラブホの入り口をくぐり、チェックイン作業。部屋に入ると、おしゃべりを再開させた。


「それじゃあ、どんなエッチがお望みなのか聞かせてくれるかな?」

「え、えっとぉ」

「ほら、せっかくここまで来たんだから、後悔しないように正直に教えて」

「そうですよね。たくさんアソコを舐めてほしいです」

「ん? そんなの当たり前のことだよ。他にはないのかな?」

「それだけで十分です。今の彼はあんまり舐めてくれないので…」

「分かったよ。じゃあ、アソコがふやけちゃうくらい舐めるからね」

「フフフ、お手柔らかにお願いします」


 まずK子ちゃんがシャワーを浴び、その後、入れ替わりで筆者が浴室に入った。

 シャワーの温度が適温になるのを待たず、ボディソープを愚息に擦りつけてシコシコ。


ふぅ。


 わずか10数秒でザーメンを床にブチ撒けた。これでみっともないくらい早い発射は防げるはずだ。

 シャワーでザーメンを流した後、

どうやってK子ちゃんをメロメロにしてやろうか? 2度目、3度目のデートに結びつけるために、絶対に筆者の愛撫の虜にせねば!


 そんなことを考えながら丁寧に体を洗った。

 何食わぬ顔で部屋に戻ると、K子ちゃんはベッドに潜りこみ、ひょこっと顔だけ出して待っていた。


「歯磨きするからもう少し待っててね」


 洗面台の脇には、すでに使用された状態の歯ブラシが置いてあった。どうやらK子ちゃんはしっかり歯磨きしたようだ。こちらも念入りに歯磨きし、最後に温水で手を洗い流した。

 実は、この“温水で”というのが重要なのだ。夏場といえど、室内はエアコンが効いているので体温は低くなりがち。冷たい手で愛撫を始めようものなら、女性が必要以上に身構えてしまい、感じ始めるまで時間がかかってしまう。そんな事態を避けるため、手のひらの温度を高めておくのだ。

 こうして準備を終え、彼女が待つベッドに潜り込んだ。



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週