>   >   >  熊本・伝説のソープ  > 4ページ目

【ニッポンの裏風俗・番外編】熊本・伝説のソープ:一度味わったらやめられない禁断の味


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

 いきなり訪れた興奮と快感。ベッドでハァハァ息を切らせていると、Kは洗い場で椅子洗いの用意を始めます。

 そして、一息ついた筆者の手を取ると、ベッドから椅子に座らせ、ボディ洗いをスタートさせるのでした。

 ここでは簡単に「椅子」と書いていますが、実はこの椅子、今までのソープでは見たこともない形をしているんです。

 ソープでは“スケベ椅子”が一般的で、あとは高級店のくぐり椅子くらい。しかし、ここの椅子は、背もたれから座面までがすべり台のようになった、真っ赤なスペシャルチェアーなんです。

 その椅子に背中をつけてゆったり座ると、Kは筆者の指を舐めてオマ●コに挿入してくれるんです。

 これはツボ洗いという定番テクニックですが、手の指が終わると、なんと足の指まで同じように、一本一本、舐めてはマ●コにニュルンと…。

 さらに、座った筆者に尻を向けて四つん這いになると、半勃ちのチ◯ポをバックで挿入!

 位置的には丁度いい高さなんですが、さっきハァハァ言いながら発射したばかりなので、まるで発射の感覚が湧いて来ないヘタレな筆者なのでした。

 まるで介護老人のように、手と腰を支えられて湯船で混浴すると、次に始まるのは潜望鏡フェラと相場は決まっています。でも、ここでも彼女の潜望鏡はちと違っていました。

 普通は、客の腰の下に膝を入れて、チ●ポの付け根までを湯面に露出させてフェラをするんですが、Kは逆に、

自分の顔をお湯の中に突っ込んでフェラするんです!


潜望鏡というより、これじゃまるで潜水艦フェラです!

 


 そんなフェラでボッキさせられると、湯船の中でも騎乗位で乗っかってハメてくるK。

 とにかく、Kは繋がっていようとします。繋がっていなくても、必ず体のどこかに触れていてくれる。それがBの接客なのでしょう。



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週