>   >   >  相澤仁美のIカップ爆乳が消えた!?

相澤仁美のIカップ爆乳が消えた!? 3年ぶりの復活グラビアで見せたスレンダーボディにファン困惑


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

相澤仁美のIカップ爆乳が消えた!? 3年ぶりの復活グラビアで見せたスレンダーボディにファン困惑の画像1※イメージ画像:週プレNEWS公式Twitter(@shupure_news)より

 2005年にデビューし、93センチのIカップ爆乳を武器にグラビア界で大活躍した相澤仁美(35)。「おっぱい番長」として人気を博した彼女が、先月末にデジタル写真集『AGAIN a.k.a アイザワヒトミ』(集英社)をリリースした。

 相澤にとって約3年ぶりの本格グラビアとなる今作。撮影を担当したカメラマンは、相澤をデビュー当時から撮る栗山秀作氏だ。先日配信された「週プレNEWS」のインタビュー記事に登場した相澤は、最近、栗山氏と偶然再会したことがきっかけで『AGAIN』を撮ることになったと話している。

 今作のテーマは「ホテル密会」で、大人の魅力を意識したという相澤。インタビューでは「ありのままの自分」を見てほしいと語り、「シワ」なども消していないと“無修正”であることをアピールした。

 ナチュラルで色っぽい姿が収録された今作は、さっそくネット上のファンの間で話題に。無邪気な笑顔の私服ショットなどもあることから、久々の相澤のグラビアに癒される人も多いよう。もちろん、テーマにマッチした色っぽい雰囲気のランジェリー姿やパンチラしながら挑発的な視線を向ける過激なカットもあり、興奮の声も続出することになった。

 その一方で、戸惑うファンも少なくない。というのも、かつて世のおっぱいフェチを歓喜させたIカップ爆乳の破壊力が半減しているように見えるのだ。

 単純に痩せただけだと思われるが、デビュー当時のダイナマイトボディを知るファンからは、「俺の知っている相澤さんはどこへ…」「見事におっぱいが消えてしまった」といった困惑の声が。スレンダーになったことで「色気が増した」との意見もあるが、迫力満点の胸を懐かしむ人は多い。


『AGAIN a.k.a アイザワヒトミ[kindle版]』

ともあれ復活は大歓迎!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週