>   >   >  処女をささげた女性読者から2度目のお誘いが!  > 3ページ目

【ネットナンパ】筆者に処女を捧げてくれた女性読者から2度目のお誘い!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

「ところで、アレからエッチはしたのかな?」 
 
「いいえ。ショーイチさんとお会いしてから一度もないです」 
 
「そ、そうなんだ。でも、ムラムラして困らなかったの?」 
 
「他に相手の男性もいないから、どうしようもないですね」 
 
「ちなみに、ムラムラって何を思い出してそうなってたの?」 
 
「え、えっとぉ、それは…」 
 
「ほら、もう2度目なんだし恥ずかしがることないよ。やっぱりクンニかな?」 
 
「それもありますけど、一番はショーイチさんにギュッてされてるところを思い出してました」 
 
「そうなの?」 
 
「あれから人肌が恋しくなっちゃったみたいです」 
 
「その気持ち、良く分かるよ。これから寒い季節になると、ますますそう思うんじゃないかな?」 
 
「そうですよねぇ」 
 
「じゃあ、今日もたくさんギュッてしてあげるね。あっ! もちろんアソコもたくさんペロペロしてあげるからね」 
 
「…はい」

 
 こんな会話を小声でしながら歩き、前回と同じホテル前に到着。3カ月前の初デートの際は、ここで最後の確認をしてからホテルに入ったのだが、今回はそんなことは無用だ。

 部屋に入り、ソファに座りながらおしゃべり再開。

 
「今日は何時くらいまで一緒にいられるの?」 
 
「帰りの時間ですか?」 
 
「うん。今日も新幹線で帰るのかな?」 
 
「はい。21時過ぎの切符を買ってあります」 
 
「了解。それじゃあ、その時間に遅れないよう気をつけるね」 
 
「ありがとうございます」

 
 この時点で17時15分だったので、3時間後にはホテルを出たほうが無難だろう。頭の中で計算して、愛撫にあてる時間配分を考え始める筆者なのだった。

 
「あっ、そうだ! 前回のデートの模様を記事にしたけど、読んでくれたんだよね?」 
 
「は、はい」

 
 前回の記事をアップしたその日、筆者はN子チャンにメールしてその旨を伝えていたのだ。

 
「改めて感想を聞かせてほしいな」 
 
「も、もうアレは褒めすぎですよ。恥ずかしくて顔から火が出そうでした」 
 
「ちゃんと読んでくれたの? 正直な感想しか書いてないんだよ」 
 
「恥ずかしくて…、1度だけサラッとしか読んでないんです」 
 
「え、エエッ? それはショックだなぁ」 
 
「ゴメンなさい。他の女性との記事だったらじっくり時間をかけて読むんですけど、自分のことだと思うと恥ずかしすぎて…」 
 
「ふーん、そういうものなのかなぁ」 
 
「せっかく書いてもらったのに、ちゃんと読んでなくてゴメンなさい」 
 
「謝ることないよ。いつかじっくり読める日が来るといいね」 
 
「は、はい。そうですね」

 
※本サイト「メンズサイゾー」(http://www.menscyzo.com/)に掲載されているイラスト・写真・文章の無断転載を固く禁じます。


『20歳を過ぎても処女であることをずっとコンプレックスとして抱え続けた社会人1年生 処女喪失 多香子(23歳)』

処女とのエッチは病みつきに?

※ここから先は外部サイトで、メンズサイゾーによって管理されているものではありません。18歳以上の方のみ閲覧ください。外部サイトでの動画等の購入について、当サイトは責任を負いません。
18歳以上なので
DMM.R18で買う


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週