>   >   > 

“ゆるグラビアモデル”浮世みゆ、オリエンタルなセミヌードに海外からも称賛の声


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

ゆるグラビアモデル浮世みゆ、オリエンタルなセミヌードに海外からも称賛の声の画像1
※イメージ画像:「浮世みゆInstagram(@miyuxx44)」より

 13日、グラビアモデルの浮世みゆ(うきよ・みゆ)が自身のInstagramに上半身セミヌードの画像をアップ。首に巻いた赤いリボンを前に垂らして局部を隠した限界ギリギリセクシーショットで、見る者を魅了した。

 フリーでグラビアモデルや美術モデルとして活動している浮世。黒髪が映える白い肌、スリーサイズが上からB84・W56・H80(cm)というスレンダーボディと、SNS上に頻繁にアップされる過激なヌード画像で注目を集めている。

 幼い頃からアートに関心があり、ファッション、音楽、イラストとジャンルを問わず何かを作り、表現することが大好きという浮世は、グラビアでもそのアーティスティックな一面を発揮。霧がかった水辺での幻想的なヌードや全身網タイツでギターを手にした姿、ボディペインティングなど、披露される画像はかなり露出が激しいが、そこにイヤらしさは感じられない。

 ただ、時にうっかりして露出が過剰になってしまうこともあるようで、3月には自身のTwitterに「instagramで削除された1枚何故。。。。?」と、バストトップがスタンプ加工で隠しきれていない画像をアップ。「丸見えじゃん」「アウト!」と突っ込まれなど、写真から漂うミステリアスな雰囲気とはギャップのあるお茶目な一面でもファンのハートを掴んでいるようだ。

 また、次に何をするのかわからない点も浮世の魅力となっている。“ゆるグラビアモデル”と称して、東京・高田馬場を舞台に普通の服を着て撮影した電子書籍『さんぽガール 浮世みゆさん 高田馬場編』を出版する反面、同じく電子書籍の『PVC FETISH VOL.2 浮世 みゆ』では、キャットスーツや全頭マスク姿を披露。脱力系とフェチ系、両極端な姿を見せた。

 フェチ系に関してはグラビアだけでなく、イベントにも積極的に参加している。史上最大のアンダーグラウンド展示即売会『アーティズムマーケット』や、フェチをテーマに開催されている『フェチフェス』などといったイベントにマスクモデルとして登場。ドクロなどをイメージした革製のマスクに合わせ、ボンデージ風の衣装姿を披露して会場内を盛り上げている。


『PVC FETISH VOL.2 浮世 みゆ Kindle版』


ラバー系はカラダのラインが命

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週