>   >   >   > 2ページ目

ママピンサロの絶妙なエロさ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  


 今回お相手になったのは、三十代半ばの“めぐみママ”。この店では源氏名にママが付くそうで、他の席からは「〇〇ママぁ~」と、客が甘える声が聞こえてきた。

 もうひとつの特徴は、ママということでキャストがエプロンを着けていること。それも、コスチューム的な華美なものではなく、日常で主婦が使う実用性に富んだタイプのものだ。それだけにママのリアル感がハンパではない。

 また、通常のピンサロでは、ボックスシートに女のコが横に付き、“飲食店”ということで形式上の乾杯があったりするが、この店では「おいで~!」と優しい笑顔で迎えるヒザまくらで始まった。

 そして、「いい子、いい子」と頭をなでてくるめぐみママ。少し恥ずかしくもあったが、こうなったらなりきるしかない。筆者は「ママぁ~」と甘えてみた。すると、めぐみママは「いい子ですね~」と“あやしモード”だ。

 もちろん、ピンサロということで、ただ甘えさせてくれるだけではない。筆者の頭を撫でていためぐみママの手は、いつしか股間に伸びていた。そして、筆者もヒザまくらをされながら、ママのオッパイに手を伸ばして…、と徐々にエロモードに。

 10分ほど経ち、「おもらしはしていないかしら?」と、筆者のズボンとパンツを下ろすめぐみママ。そして、「透明な液が漏れてまちゅよぉ? しょうがないでちゅね~」とフェラチオが始まった。

 母性に溢れた、とにかく優しい感じのフェラ。ゆっくりと深く、何度もしゃぶる感じだ。次第にコチラも感度が高まり、そして…。

 最後は、めぐみママの口ではなく、エプロンに向けて発射した。普段着のママを凌辱した達成感が何ともいえなかった。ママピンサロには絶妙なエロさがあった。
(文=子門仁)



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週