>   >   > 

清水富美加、ゴールデン初ヒロインでブレイク確実に! バラエティでも高評価で「ベッキーの後継者」に?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

20160422fumikaTP.jpg
※イメージ画像:清水富美加オフィシャルブログ「あのさ.」より

 女優の清水富美加(21)が、5月21日に放送されるスペシャルドラマ『叡古教授の事件簿』(テレビ朝日系)で初めてゴールデン帯のヒロインを演じることになった。

 同作は直木賞候補にもなった作家・門井慶喜氏の『東京帝大叡古教授』(小学館)を原作に、時代設定を明治から現代に変更。清水は藤木直人(43)扮する主人公の天才教授・宇野辺叡古の娘・さくら子となり、刑事役のココリコ・田中直樹(44)らと協力して不可思議な連続殺人事件の解明に挑む。

 業界内では、これが清水のブレイクの決定打になるとの見方が強い。

 清水といえば、昨年のNHK朝の連続テレビ小説『まれ』でヒロインの親友役が好評を呼んで一躍脚光を浴びる存在に。脇役なのヒロインを食ってしまっているとの評価まであり、2013年の『あまちゃん』で脇役だったのに大ブレイクした有村架純(23)を彷彿させるとして「第二の有村架純」ともいわれている。

 現在は放送中のドラマ『世界一難しい恋』(日本テレビ系)に出演し、5月14日公開予定の映画『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』では前作に続いてヒロインを務める。映画では7月公開予定の『あさはんのゆげ』で主演を務めるなど、すでに扱いはトップ級になっているのだが、ドラマでは深夜帯や脇役での起用が目立っていた。

「清水は2011年に『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日系)で天真爛漫なヒロインを演じ、特撮ファンのみならずアイドルマニアの間で高評価されていた。しかし、どこかマニアックなイメージがついてしまい、それ以後は伸び悩んでいた印象がありました。『まれ』で脚光を浴びた後も、再び同じポジションに戻ってしまうのではないかと危惧されていましたが、今回のゴールデン帯ドラマへのヒロイン抜擢によってメジャーなイメージが確定。フジテレビなどの軽い恋愛ドラマではなく、手堅い推理モノなのもポイントが高い。今後はドラマでもトップ戦線に躍り出るのは間違いないでしょう」(アイドルライター)


『SHIMIZU FUMIKA 1st Photobook 清水富美加』


健康的

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週