>   >   > 

美ボディだけじゃない! 数々のドラマでキラリと光る水崎綾女の演技力がすごい


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

160229_mizusaki_tp.jpg
※イメージ画像:水崎綾女写真集『赤×ピンク』角川書店

 女優・水崎綾女(みさき・あやめ/26)の演技力の高さに注目が集まっている。

 1月9日にスタートし、全6回にわたって放送されたドラマ『逃げる女』(NHK)をはじめ、今月20日の特集ドラマ『海底の君へ』(同)、そして放送中の『わたしを離さないで』(TBS系)など、重厚な仕上がりで話題の作品に立て続けに出演。いずれも難しい役どころを見事に演じており、ネット上に続々と賞賛の声が上がっているのだ。

 その中には、「人間味あふれる姿に思わず吸い込まれてしまった」「特徴ある感じで印象に残った」など、単なる美人女優に寄せられる感想とは異なり、演技の内容に関するものが多い。

水野美紀さん(41)が主演を務めた『逃げる女』で、水崎さんは“殺人犯の妹”とされたために苗字を変えてひっそりと暮らす女性を演じ、姉に対する微妙な思いを見事に表現していた。この作品では、仲里依紗さん(26)の個性的な演技も目立ちましたが、加害者家族を演じた水崎さんの重苦しい存在感が、作品テーマといえる『救いのなさ』を下支えしていたように思います。物静かなだけでなく、姉を逃がすために、刑事役の遠藤憲一(54)を押さえ込むなど、静と動のメリハリの効いた芝居には強い印象を受けました」(芸能関係者)

 『海底の君へ』では、藤原竜也(33)が演じた「いじめが原因で引きこもっている兄」と、モロ師岡(57)が演じた「ノイローゼ気味の父」に挟まれて、妹と娘の微妙な違いを熱演。複雑な家庭に育ち、自らの結婚が兄のせいで破談になりながらも、健気に生きる女性を演じきった。

「自分の幸せを奪う原因にもなった兄が犯罪に走りそうになるのですが、それを必死に止める水崎さんの鬼気迫る様子が印象的でした。ドアを蹴破ってまで兄の部屋に入り、直後に悲しみで愕然とする表情は、『いろんな感情がぐちゃぐちゃになっている妹』の圧力を感じました」(前同)


『ユダ -Judas-』


必見!

amazon_associate_logo.jpg


【 関連記事 】

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_160613_rectangle_C.gif

メンズサイゾー グラビアギャラリー