>   >   >  ベッキー休業「事実上の引退」状態

ベッキー休業で「事実上の引退」カウントダウン…ゲス川谷との別れを選択できず


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

20160131bkTP.jpg※イメージ画像:『コンパルウエディング COMPAL WEDDING 03 冬号』表紙:ベッキー/株式会社コンパル

 人気バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(えのん=27)と不倫騒動の渦中にあるタレント・ベッキー(31)の休業が決定した。「心身ともに壊れる寸前」であるために所属事務所のサンミュージックが「しばらくお休みしたい」とテレビ各局に申し入れたという。

 すでに1月30日放送の生番組『にじいろジーン』(フジテレビ系)は欠席し、共演者の山口智充(46)が「いつも一緒だったベッキーですけども。今日から休業するということで、皆さんご存知の方も多いと思いますが、よろしくお願いします」と挨拶。すでに休業状態に入ったことが明らかになっている。

 テレビ番組10本、ラジオ番組1本のレギュラーを抱える超売れっ子だったベッキー。

 だが前述の『にじいろジーン』だけでなく『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)や『ありえへん∞世界』(テレビ東京系)などは出演見合わせが決定し、現状では対応検討中となっている『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS系)や『人生のパイセンTV』(フジテレビ系)など全番組が順次休業になる見込みだ。CMもすべて打ち切り、もしくは再契約なしに。間もなくベッキーはテレビ画面から完全に消えることになる。

「当初、各局はベッキーの出演を継続するつもりだった。ところが、視聴者から番組に『不快だ』『子どもにベッキーを見せたくない』などと抗議が殺到し、1000件以上の苦情が集中した番組もあった。さらには局の生命線である番組スポンサーにまで苦情が寄せられたことで状況が悪化し、それを察した事務所サイドが自ら休業を申し出たようです。テレビ局にとってもスポンサーにとっても大事なお客さんである主婦層の逆鱗に触れたのが致命的だった」(芸能関係者)


『木部本』


さようなら木部さん

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週