>   >   >  早見あかり、遊女役が色っぽすぎる!

早見あかり、着物をはだけさせ木に縛りつけられ… 時代劇でワケあり遊女を熱演!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

 21日放送のNHK木曜時代劇『ちかえもん』で、アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の元メンバー・早見あかり(20)が、息をのむほど妖艶な姿を見せたと話題になっている。

 同作は、元禄時代に活躍した人形浄瑠璃作者の近松門左衛門が、さまざまな人と出会いながら傑作『曽根崎心中』を書き上げるまでを描いたもの。近松を演じるのは、人気劇団を率いる劇作家の松尾スズキ(53)で、早見は小池徹平(30)扮する豪商の跡取り息子に恋心を寄せる“ワケあり遊女”を演じている。

 第2話となったこの日は、客に対して不愛想な対応をした早見を高岡早紀(43)演じる遊郭の女将がお仕置きをするシーンがあり、これに多くの視聴者が刺激を受けたようだ。

 劇中の早見は、常に襟元を大胆に開けた着物姿で色っぽい姿を披露し、冷めたような視線が印象的なキャラを演じている。その早見が、雨が降る中、着物をはだけさせながら木に縛りつけられるシーンに挑戦。憂鬱な表情を浮かべて気だるそうにタメ息をもらす姿はかなりセクシーで、ネット上の視聴者からも「色っぽすぎる」「思わず見惚れてしまった」「見ているだけでドキドキしてきた」などの声が寄せられた。

 制作発表会見では、色気を出すことに苦労していると語った早見。これまでは女子高生役などの等身大の役柄が多かっただけに戸惑うこともあったのだろうが、劇中ではしっかりと存在感を示したといえそうだ。


『忘れないと誓ったぼくがいた』


ミステリーとしても面白い

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週