>   >   > 

ロー協公式モデル・羽佐美まよ、ロリ系美少女が目指す究極の「かわいい」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

usami_003.jpg


 今や世界的な広がりを見せつつある日本の“かわいい文化”。その要素は主に3系統あると言われ、ひとつは東京・秋葉原を中心とした「萌え系」、もうひとつはファッションモデルらが牽引する「渋谷系」、そして自らの個性を表現する一般女性たちによる「原宿系」と呼ばれるものだ。

 いずれも共通する部分が多々あり、これは何系、あれは何系と明確に分類することはできないものの、その幅広さがかわいい文化を広める要因にもなっているという。だが、昨今ではよく若い女性たちが何でもかんでも「かわいい~」と口にしているのを見かける。「かわいい」があいさつのようにもなっており、そんな現状にちょっとした違和感を抱いているのが、今回インタビューをしたモデルの羽佐美まよだ。


――ふわふわの真っ白なコート、あったかそうですね。

羽佐美まよ(以下、まよ):かなり寒いですからね~。

――でも、コートを脱ぐとかなり短いショートパンツをはいてるんですね。

まよ:ニーハイがあったかいんですよ。

――ソックスも白で統一してて、やっぱり普段からオシャレには気をつかう方ですか?

まよ:気をつかうっていうより、単にファッションが好き。女の子ってみんなそうじゃないですか?

――そうですね。仕事柄もあって、変な格好っていうのもあまりできないですよね。

まよ:今でこそ、こういう女子っぽい服を着るけど昔は違ったんですよ。

――好きなファッションの系統が違ったんですか?

まよ:う~ん…。系統が違うというより、子どものころはかなり引っ込み思案だったんですよね。

――そうなんですか!? 今の見た目から想像すると、小さいときからアイドル的な女の子だった気がしたんですけど…。

まよ:ぜんぜん(笑)。むしろ少年みたいな感じ。髪型もずっとショートだったし、洋服もフリフリ系は苦手だった。自分でも当時のことを思い浮かべると不思議なくらい。それに性格的にも内気だったかな。授業で手を上げることなんてほとんどなかったし。


『Prototype 羽佐美まよ』


かわいい♪

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週