>   >   > 

「炎上は儲かる!」堂々と言い放つ新山千春、バッシングを飛び越えて感心の声も


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

151013_niiyama_tp.jpg
※イメージ画像:新山千春オフィシャルブログ「新山千春のMORE MORE HAPPY」より

 タレントの新山千春(34)が、12日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間スペシャル』(テレビ朝日系)に出演した。この番組は、過去に“しくじった”ことのある人物が、その失敗の理由を自己分析しながら、同じ過ちを繰り返す人が増えないように授業を行う反面教師バラエティー。“主婦層に嫌われちゃった先生”として登場した新山は、自身のブログにおける炎上体験から、「ネット社会で他人から嫌われないための授業」を実施した。

 新山は、7年間に及ぶ主婦層との壮絶な(?)バトルについてのトークを展開。絵文字を大量に使った記事が原因で主婦層に嫌われるようになったという新山は、当初、心ない誹謗中傷にショックを受けつつも、それが続くと慣れが生じ、炎上することもビジネスにつながるのではないかと思うようになってきたと語った。

 「主婦層が嫌いなものは掃除、洗濯、新山千春」と自ら断言しながら、「炎上は儲かる!」と言い放った新山。炎上騒動がアクセス数につながることを実感した彼女は、「コメント欄を消したら?」という事務所の人間からのアドバイスも無視し続けた。そしてアクセス数を稼ぎまくった彼女は、その注目度を逆手にとって、育児本の出版や主婦モデルとしての活躍につなげたのだという。

 実体験に基づいて、芸能界における炎上ロジックを明かした新山。もちろん、こうしたケースは新山に限るのかもしれないが、アンチもファンの一種と捉える彼女はたくましい印象も。当然ながらネット上では、新山に対し「結局のところお金なんだね」といった批判的な意見が多いが、中には「芸能界では必要なことなのかも」「一周まわって新山千春が好きになった」といった声も上がっており、彼女の策士ぶりに感心する人もいたようだ。


『高慢美女、炎上。雪見紗弥 女社長、堕ちるまで…』


コチラも燃えてます…

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週