>   > 

「好きと言われたら好きになる」「誰でもいい」多部未華子、天然・仰天発言で周囲を翻弄


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

150904_tabe_tp.jpg
※イメージ画像:映画『ピース オブ ケイク』公式サイトより

 女優・多部未華子(26)の主演映画『ピース オブ ケイク』(田口トモロヲ監督)が、明日5日から公開される。

 同作は、大人の恋愛事情をリアルに切なく描いたジョージ朝倉の同名コミックを映画化したもの。仕事も恋も中途半端でオトコに流されがちなヒロインの多部が、綾野剛(33)扮する運命の男性に出会い、心機一転、本気の恋に奮闘するという物語だ。ふたりのほか、松坂桃李(26)がオネエ役に挑戦し、綾野の元彼女役に元AKB48の光宗薫(22)が起用され、若手注目株の菅田将暉(すだ・まさき/22)が登場するなど、豪華な顔ぶれでも注目を集めている。

 最新映画の公開を控えているとあって、多部は宣伝活動に奔走。しかし、本編とは別のところがクローズアップされている印象もある。それは多部の“天然さ”だ。

 4日放送の『PON!』(日本テレビ系)に出演した多部は、綾野からVTRメッセージを受け取り、天然な姿を明かされた。そのメッセージで綾野は、「自分に嘘がない人。一緒にいて気持ちが良い役者」と前置きした上で、会話中に多部が突然笑いだしたというエピソードを披露。この綾野の話を聞いた『PON!』の出演者たちは、「どうして?」「なんで?」と口ぐちに不思議がっていたが、多部は「あまり人の話を聞いていなくて、他のことを考えちゃって笑っちゃう」と、マイペースな性格であることを自ら認めていた。

 さらに多部のマネジャーが、大型スーパーでトイレットペーパーを大量購入したつもりが、キッチンペーパーだったという天然伝説を紹介。これを聞いた多部はまるで他人のエピソードのように笑い転げるのだった。そんな多部の天然な一面について、同番組のレギュラーを務めるAKB48小嶋陽菜(27)は、「キッチンペーパーって便利だからいっぱいあってもいいかも」と、こちらも天然発言。類は友を呼ぶというか、多部と小嶋は意気投合するように笑い合っていた。


『ドS刑事 DVD-BOX』

Sっぷりもよかった

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週