>   >   >   > 2ページ目

肉のテーマパークの隣で肉欲を満たす


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  


 『個室浴場』と書かれたゲートをくぐると同時に、いかつい中年男性が車に近付いてきた。

「この時間だからスナックはまだやってないけど、(ソープかストリップの)どっち?」

 と、ぶっきらぼうに尋ねてくる。ソープである旨を伝えると、駐車場に案内されて建物へ向かうことに。

 まず、受付で60分の入浴料の5,000円を払う。半ば強引にKを付き合わせてしまったので、彼の分も祓い合計1万円。「あとは女性に直接…」とのこと。5年前のことだが、当時は吉原などでも、すでにフロントで入浴料とサービス料を同時に払うシステムだったので、より一層『O』のレトロが増幅された。なお、某掲示板には、プレイ時間は50分、サービス料金は入浴料金の3倍で合計2万円という書き込みであった。

 『O』は女性の指名ができないとのことで、スタッフに呼ばれるのを待つのみだった。10分ほどで案内されたのは、ヨウコさんという四十代後半と思われる女性であった。顔は悪くないものの、ボディラインの崩れが気になった。

 「こんなに若い人は久しぶりだわ!」と、当時とっくに四十路に突入していた筆者を見て、嬉々とした表情で迫ってくるヨウコさん。「じゃあ、サービス料を…」と大1枚を要求される。あれ? 大1小5ではないのか? しかし、そんなことを気にせずに、どこかカビ臭さのある部屋でプレイが始まった。

 ヨウコさんがボディ洗いを始める。肉づきがいいだけに、悔しいけど心地良さは否めない。続いてはマットであるが、1時間コースであること自体に驚いたが、“ちゃんとしたマット”なのでさらに驚かされた。というのも、あるサイトの書き込みに「マットがペラペラ」とか「マットというよりもレジャーシート」とあったからだ。もちろん、そこで行われたのは通常のマットプレイであり、彼女のカラダゆえに、やや圧迫感はあったものの、満足のいくものであった。

 プレイ後の混浴タイムにいろいろと話を聞いてみる。『O』はその当時で40年近い歴史があるらしく、ソープランド、ストリップ、スナックで働く女性はローテーションだということだった。


「もちろん、ストリップのトリを務める踊り子さんはプロの方だけど、人手が足りないと前座はアタシらが踊らされたり…。まぁ、ステージで○○があるから、それ要員よね。スナックも連れ出しだから…」


 つまり、ヨウコさんの言葉をまとめると、どこでも“アレ”を楽しめるということになる。これはまさに性の三位一体ではないか。

 また、四十路の筆者を若者扱いしたのは、当時の客は老人ばかりだったからで、年金世代も多かったそうだ。そんな話をしているうちに時間も迫り、ベッドはあわただしかった。フェラで勃たせると、「来て!」と股を開く彼女。筆者が上になったが、年季というものなのだろうか、ちょっとスカスカ感のある、カラダの面積に比例した大穴であった。それでもなんとかイクことができた。彼女の演技臭漂う悶えっぷりに少々辟易したが、おそらくベッドにいたのは10分足らずだっただろう。

 結果的に1時間で1.5万円は…微妙なところだろう。なお筆者は若者扱いされたが、同行した後輩のKは「女性が母親世代で、子供扱いでした(半泣)」ということだった。

 あれから5年が過ぎたが、今の『O』はストリップもスナックも営業しておらず、ソープランドのみが細々と営業しているだけだという。
(文=子門仁)


『肉欲にまみれた主婦合コン~若い男に溺れてしまった私~三浦恵理子』


肉々しい熟女に溺れたい

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週