>   >   > 2ページ目

熊切あさ美、愛之助に「法的措置」報道のウラ側…“捨てられた女”キャラ確立のために反論封殺か


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  


 芸能マスコミはまだしも、伝統芸能の世界にいる愛之助は恋愛で訴訟や警察沙汰などというみっともない真似はできないだろう。この「法的措置」発言によって、愛之助の反論を封殺する意図があるとも考えられる。

 当初は「別れていない」と未練たらたらだった熊切だが、捨てられた女の執念なのか、破局を利用した話題づくりなのか、異常なまでに愛之助に対する攻撃性を強めてきている。この様子ではドロドロの破局トラブルは今後も尾を引きそうな気配だ。

「熊切は『崖っぷち』の名の通り、愛之助との恋愛ネタがなければタレントとして厳しい状態。移籍した事務所もあまり売り出しに熱心ではなく、このまま黙っていれば消えてしまう。梨園の妻が夢と終った今、彼女に残されている生き残り策は愛之助をボロクソにけなして話題をふりまきつつ、自分は『騙された女』として被害者的なキャラクターを確立すること。そうなれば同情した世間の関心が高まり、テレビ需要が高まると期待しているのでしょう。今後も新たなネタが見つかるまで、しばらくは愛之助への猛攻撃が続くと思われます」(前同)

 実際、ネット上では女性層を中心に熊切に同情的な声が集まっている。だが一方、男性層からは「怖い」「これは別れたくなる」「怨念がすごすぎ」などと批判的な意見もあり、熊切にも問題があるとして愛之助寄りの報道を流しているメディアも少なくない。

 破局を発端にした熊切の新たなイメージ戦略は成功するのだろうか。いずれにせよ、そのダシに使われ続ける愛之助は自業自得とはいえ大きすぎる別れの代償になりそうだ
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops


『捨てられた有村千佳。』


訴えてやる!?

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週