>   >   > 

堀北真希、大女優たちが挑んだ妖艶キャバ嬢役で清純派脱却なるか


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

1128kineguti_main.jpg
※イメージ画像:『AMERI vol.2』主婦と生活社

 12月7日に放送予定のテレビ朝日系スペシャルドラマ『松本清張~霧の旗』で、堀北真希(26)が復讐に燃える“キャバ嬢”役に挑戦する。すでに過去にも映画化・テレビドラマ化されている同作だが、これまで堀北と同じ役を演じてきたのは、倍賞千恵子(73)、山口百恵(55)、大竹しのぶ(57)などといった大女優ばかり。中でも、山田洋次監督によって1965年に公開された映画『霧の旗』のヒロインに抜擢された、当時24歳の倍賞は、それまでのアイドル的な印象とは打って変わり、美しく妖艶な大人の女性を好演し、その後の本格派女優への足がかりをつかんでいる。26歳となった堀北には、いまだに“清純派”というイメージが強いが、今作で新たな魅力を発揮することはできるだろうか。

「堀北のキャバクラ嬢姿は、すでにネット上で予告編などが公開されています。相変わらずの美貌で、ネットユーザーたちからの評判も上々のようですね。ただ、一方では『綺麗になったが大人のセクシーさはまだまだ』『真面目なイメージが強くてキャバ嬢っぽくみえない』などと色気不足を指摘するコメントも寄せられています。あれだけの美人ですから男が寄って来ないわけはないと思いますが、撮影後に誰かと飲みに行ったという話も聞きませんし、移動ひとつとってもマネージャーと電車に乗るというほどの徹底ぶりのようですから、そのあたりのことが大人の女性の魅力に欠けてしまう要因のひとつかもしれません。今回のドラマでは夜の蝶を演じるわけですから、これをきっかけにプライベートにも変化があるといいんですが…」(週刊誌記者)

 人気女優でありながら、地味な私生活を送っていることでも知られる堀北。バラエティ番組などに出演した際には、「外食はほとんどしない」「家にいる」と休日には1人で過ごすことが多いと明かしている。また、20日に東京スカイツリーで行われた『ディズニー・モバイル・オン・ドコモ』の新機種発表会では、記者からクリスマスの予定を聞かれ、「ディズニーは好きだけど誘われないです」と寂しいプライベートを告白した。こうした私生活の公表が、大人びたイメージへの妨げになっているのかもしれない。だが、一方ではそんな堀北のキャラクターを否定する声もあるようだ。


『堀北真希写真集「Dramatic」』


オトナになったなぁ

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週