>   > 

『ミヤネ屋』で復帰決定の矢口真里、逆転の切り札は「間男との結婚」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

yagutinail1022main.jpg
※イメージ画像:『NAILMAX 2011年10月号』インフォレスト

 不倫騒動で芸能活動を休止している元モーニング娘。の矢口真里(31)が、23日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)に生出演することが22日の同番組内で正式発表された。

 すでに出演内定は複数のスポーツ紙で報じられていたが、司会の宮根誠司(51)は番組冒頭で「僕はあんまりその経緯を知らなかったんですけども」とトボけつつ「(矢口は)出ます。明日」と名言。さらに「あの日のことは本当だったのか、1年5カ月どういう暮らしをしていたのか、新たな恋はどうなっているのか、これからの夢とかいろいろ聞いてみたいと思います」と思いを口にした。

 また、コメンテーターの梅沢富美男(63)は「悪いことと言えば悪いことだけど、犯罪を犯したわけじゃない」とフォローし、続けて宮根も「やぐっちゃん、深刻にならないで軽い気持ちで来て」と優しい口調で呼びかけた。

 矢口の「復帰第一弾」をめぐっては、複数のバラエティー番組が候補に挙がり、ナインティナインの岡村隆史(44)らがラブコールを送っていた。だが、あえて不倫に厳しい主婦層がメイン視聴者の『ミヤネ屋』に生出演という格好になった。

「復帰のメドが立てられなかった矢口サイドは、“芸能界のドン”ことバーニングプロダクションの周防郁雄社長を頼り、周防氏と昵懇の仲である宮根が司会を務める同番組が復帰の場に選ばれた。通常なら誰が相手でも鋭く切り込んでいくのが宮根のスタンスですが、バーニング案件であれば矢口サイドに都合のいいように扱ってくれる。元夫・中村昌也(28)が所属するナベプロが矢口の復帰に圧力をかけていたとの情報もありますが、バーニングが後ろ盾になれば簡単に手を出せなくなる。かねてから矢口の所属事務所はバーニングと親密な関係にあり、だからこそ実現した復帰プランといえるでしょう。バーニングを頼ったからには、それ相応のマージン料が発生するでしょうが、なりふり構っていられないほど矢口サイドは切羽詰っていたのでしょうね」(芸能関係者)

 いくら復帰が決まったといっても、浮気相手を自宅に連れ込んでいたという事実はイメージが悪すぎる。世間の反応は厳しいものになると予想されるが、どう切り抜けるつもりなのだろうか。


『アンタッチャブル山崎の『実録 現役サラリーマン言い訳大全』Vol.1』


用意した?

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週