>   >   > 

JKコミュニティー摘発! 男に消費され続ける少女たちの素顔とは…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  ,  

1017seifuku_fla.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 10月16日、高校2年の女子生徒(16)にテニスウエアを着せ、男性客に体臭を嗅がせるなど有害な業務に就かせたとして、通称『JKコミュニティー』店経営者と同店元店長が、労働基準法違反(危険有害業務への就業)の容疑で逮捕された。警視庁少年育成課によると、いずれも容疑を認め、「秋葉原は取り締まりが厳しく、高田馬場に店を開いた」と供述している。

 摘発された店舗『ぴゅあど~る 高田馬場JKコミュ』は16~18歳の女子高生約30人を雇い、1畳ほどの個室で30分4千円以上で会話させ、1千~5千円のオプションで体操服や水着などを着せたり、全身の体臭を嗅がせたりするなどしていた。報道されたところによれば、「胸を触ったり陰部を見せたりする客もいたが、元店長は『我慢した方が客が付きやすい』と指導していた」らしく、業務内容はすでに摘発・補導されている『JKリフレ』や『JK散歩』とほとんど違いはない。

 孤立し困窮状態にある少女を支える活動を行っている団体『女子高校生サポートセンターColabo』は、「やっぱり摘発きた。JKコミュニケーション、JKカウンセリング、JK占い店で働いている女の子、どうか気をつけて。また摘発の波がくるかも。(中略)やめたいけどやめられない、店や客に脅されたときは相談して」と1店舗の摘発では治まらない可能性を危惧するコメントをブログに出しているが、少女たちを消費しようとする大人たちは後を絶たない。彼女たちが心身ともに傷ついてしまい、取り返しの付かない危険性を含んでいるのだ。

 さかのぼれば、女子高生たちを消費する大人たちが社会問題化したのは、ブルセラショップが週刊誌やテレビのワイドショーで紹介されるようになった22年前頃のブルセラブームからだろう。マンション内の一室を店舗に改造して、古物商として中古の制服や下着を扱っていたが、着用していた本人の生写真付きの下着、制服や下着姿の少女を撮影したビデオ(ショップによってはAV女優が制服姿で出演するカラミ入りもあった)を売り始め、さらには、放課後に本人が目の前で下着を脱いで売るという、少女と客が対面する行為までエスカレートしていった。また、衛生的に大いに問題があったのだが、唾液を売るショップもあった。


『紗倉まな 痴漢調教  M奴隷に堕ちる女子高生タイトル』


AVの中ならいくらでも

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週