>   > 

“上品なエロス”でスポンサーも骨抜き…『昼顔』効果で吉瀬美智子の業界評価が急上昇


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

20141015kichise.jpg
※イメージ画像:『昼顔~平日午後3時の恋人たち~Another End』扶桑社

 日刊ゲンダイで女優の潜在視聴率&ギャラ最新ランキングが公開され、吉瀬美智子(39)が大躍進していると伝えられている。

 同ランキングは、テレビ局や広告代理店がリサーチ会社に依頼して作らせているといい、番組の演出と関係なくタレントの出演によって見込まれる「潜在視聴率」をまとめたもの。さらにドラマ1話あたりの推定ギャラも添えられている。

 公開された最新版は「朝ドラ女優」の躍進が目立ち、1位は『花子とアン』が高視聴率を記録した吉高由里子(26)。潜在視聴率は12.6%、推定ギャラは140万円以上となっている。その前期の『ごちそうさん』に主演した杏(28)が2位。潜在視聴率は12.3%でギャラは同じく140万円以上。3位は『花子とアン』で吉高と共演した仲間由紀恵(34)。潜在視聴11.9%で推定ギャラは250万円以上とされている。

 それに主演ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)が好調な米倉涼子(39)、好感度女優として知られる綾瀬はるか(29)らが続いており、女優としての勢いがそのまま反映されたランキングになっている。

 ドロドロの不倫を描いて好評を博したドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)の影響力も強く、主演の上戸彩(29)は7位に登場。上戸はランキングの常連なので特に目新しさはないが、注目なのは同じくメインキャストを演じた吉瀬が8位にランクインし、初のトップ10入りを果たしたことだ。

 もともとファッション誌『Domani』(小学館)のモデルとしてデビューした吉瀬は、本格的に女優業を始めたのが32歳の時という遅咲き。当初はあまり注目されておらず、07年に人気ドラマ『LIAR GAME(ライアーゲーム)』(フジテレビ系)に出演するも、同じ事務所の戸田恵梨香(26)の“バーター扱い”とみられていた。

 だが、その独特の色気と影のある雰囲気が注目され、同ドラマをきっかけに実力で評価を急上昇させた。その後は数々の話題作に出演し、2010年には『ハガネの女』(テレビ朝日系)で連続ドラマ単独初主演も果たした。同年に10歳年上の実業家と結婚し、公私共に順風満帆な人生を歩んでいるように思えるが、その一方で「代表作となる役柄がない」と揶揄されることがあり、トップ女優たちと比べると格が一枚落ちる印象があった。


『妄想姉妹 文學という名のもとに』


『文學ト云フ事』もDVDにならないかな

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週