>   >   > 

愛さえあれば大丈夫!? 綿菓子のように甘く柔らかい妹たちと禁断のSEX!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

imoutobiyori1209z.jpg
壊れそうなほど細い君の身体を抱きしめたい! 夢の中から出てきた
ようなほど美しい少女達の、細くて温かい身体を堪能できる作品集

『いもうと日和』著:ぽるたん/ヒット出版社

「変な触り方したら、しょーちしないからねっ」

 分かりました! 触りましょう! むしろ触らせて!!

 他に類のない特殊でふわふわした、まるで綿菓子のような絵柄。それでいて体温すら感じるような肉感あふれるエロ描写。それがぽるたん氏の唯一無二の作風です。特殊な絵柄ですが、表紙でグッと来た人は、その感覚で間違いないので迷わず買おう! と最初に書いておきます。

 一見少女マンガに見えるかもしれませんが、まったくそんなことありません。いや、正確に言うと、女の子描写は少女マンガに出てくるような「かわいい少女」そのものなんです。ところが、マンガはあまりにも異質。コマの間の空白すらも許さないほどびっちり詰め込まれており、ゴリゴリに背景が描かれている。すごい勢いで読者の目の前に広がるんです。

 この緻密な世界の中に、触れたら壊れそうな少女が、スッと差し込まれてくる。そりゃあもう、存在感ありありですよ。透き通る妖精のような少女が、みっちりと画面の端々まで描きこまれた世界に浮遊しているような不思議な感覚。頭がクラクラします。

 手の届かなさそうな少女たちが満載で、夢でも見ているかのようなマンガなんですが、恐ろしいことに、女の子たちの肉の柔らかみ、体温、性器の柔らかさまで脳髄に伝わってくるんです。風に吹かれたら飛びそうなのに、生の重みを感じそうな絵柄、これはなんだ?

 「いもうと」をテーマにした作品群が多いこの本は、閉じた世界にふたりしかいないという楽園っぷりも見事に再現されています。背徳感はそこまで強くなく、でもあっけらかんとしているわけでもない。

 たとえば短編「冬が来る」は、両親の離婚で離れ離れになった兄と妹の関係を描いています。小規模な逃避行は、二人の心を優しく切なくさいなみ、触れ合い、抱きしめあい、セックスをします。

 壊れてしまいそうな一瞬をとらえた妹とのセックスは、「この子が愛しい」という想いで満ちています。だからセックスシーンは、もう完全に少女しか見えないんですが、ふっと目を離すと、がっちり描きこまれた背景に目が行きます。このマクロ視点とミクロ視点の入れ替わりが、エロティックなんですよ。

 えっちしたあとに、ふと外に出た時の気恥ずかしさ。誰かにバレたかな、というドキドキ。そこに加えて「これからまた普通の兄と妹に戻るんだなあ」という思いが心に残っていたら......なんとも胸にモヤッとしたものが残ります。この「モヤッ」がまた、一瞬の快楽の興奮を煽るんです。

 "狭い空間で閉じた世界"という面では、短編「お兄ちゃんの誕生日はもうすぐっ」も、見事な出来。昭和の匂いすら感じさせる背景の中で、レンタルBOXという外界から切り取られた空間を使って、クローズドな世界を描いています。こんな中に愛しい妹と、お兄ちゃんが二人きりで閉じ込められたら、ねえ。

 一方「幸あれど、我が家に難アリッ!?」は、怪しいいわくつきの新居で柱に挟まれた兄を、二人の妹が翻弄するスラップスティックなエロコメディ。笑えてえっちな作品なんですが、ぽるたん氏が描くと、繊細な少女と描きこまれた背景で、また別世界に迷い込んだようにクラクラするもんだからあら不思議。特にセックス中のコマ割りが特殊中の特殊で、女の子の世界に取り込まれたかのような感覚であふれています。

 芸術品のように少女を描き込んで愛していくこの作品集。全体的に明るいので、気持ちよく楽しめます。幼い妹がかわいい、素晴らしいじゃないか! と謳歌しつつも、お人形さんにせず血の通った温かい存在として慈しんでいます。

 ぼくがオススメする最大の見所は、少女の下腹部。ここがリアルなので、ファンタスティックな絵柄なのに生々しくて体温を感じるんですよ。ああー、触りたいー。
(文=たまごまご/たまごまごごはん



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ

アイテム関連トピック

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS