>   >   > 

普通ってなんだ!? 変態男子学生とサド少女が過ごすSEXまみれの日常の先には何がある?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

eromanga1215.jpg
彼は自分の性欲を抑えられない変態。彼女はそんな滑稽な彼
を見ていて面白くてたまらないサディスト。二人の間に性は
あっても愛はあるんだろうか。「変態」を追求した傑作!


『興味アリ』著:しらんたかし/ティーアイネット

 「変態」ってどういうことか説明しろ、と言われたらすっごい難しいですよね。

 「普通じゃないこと」。うん、確かにその通り。けれども「普通」って一体何だろう? と言われると答えられません。

 この『興味アリ』は、1冊まるごと、ドS少女と変態少年の日々を描いた物語になっています。いいですよね、幼なじみのS少女に振り回される日々なんて最高じゃないの。けれども、この作品は「それってエロいねー」というシチュエーションエロスにとどまっていません。むしろ、シチュエーションは入り口にすぎない。物語はもっと深いところをえぐります。タイトルに注目して下さい。「興味」なんです、性に対する。

 ヒロインの春日は、幼い時から性に興味がありました、ある程度一般レベルの範囲内で。東郷くんは、隣に住んでいる少年。「お兄さん」と呼ばれているとおり、少し年上。春日は「やっちゃいけないこと」を踏み出すのが楽しく、幼少期に東郷くんにいたずらをします。これが性の芽生え。

 東郷くんがうれしそうに自分の体を見たがってくる。女の子のパンツは、こうなっているんだよ、ヒミツだよ、内緒だからね。東郷くんはこの時まだ普通の少年ですから、当然興味津々。パンツを見みたいわけです。春日は、ここで興奮してかしずいてくる少しだけ年上のお兄さん(と言ってもほぼ同級生くらいですが)の姿そのものに興奮し、サディズムの芽生えるんです。

 少年・東郷くんは、ここから道を踏み外します。年を経ていくにつれ、「セックスをさせてくれる幼なじみ」として春日を見ることになります。まあ、ここまでは気持ちとしては分かる。けれども彼は、自分の性に流され始めます。セックスさせてもらうためなら春日の言うことは何でも聞くようになっちゃうんです。二人きりになったら勃起したチンコを出して「そんなことよりセックスさせてよ......」とせがみます。

 実際、SM関係じゃないんです。確かに春日はサディスティックで東郷くんの体を弄びます。それは彼の弱みを握っての、半ば脅迫でした。彼女は自分の「女性」に振り回される東郷くんを見て楽しいし、興奮しているんです。けれどもSMマンガにあるような徹底した女王様ではなく、力づくで反抗してくる東郷くんにねじ伏せられることもあるんです。

 東郷くんもマゾヒストではないんです。かなりマゾっ気は強いですが、別にいじめられるから興奮しているわけじゃない。都合がよくセックスさせてくれるのが春日だから、彼女に依存しているのです。

 ここからが「変態」のあり方です。時には病気で無抵抗な彼女に勃起したチンコをあてて無理やりエッチしたりします。完全に心を春日に折られた鬱勃起状態で泣きながらセックスをすることもあります。春日にバカにされたのに逆ギレして、外でレイプまがいに挿入しながらおしっこしたり体にぶっかけたりします。行動すべてがめちゃくちゃなんです。

 この作品の中で描かれている「変態」というのは、ただ単に「普通じゃない」という曖昧な表現ではありません。性的対象として女性をどう捉えているかのバランスの問題であることをまずおさえています。最初の方では東郷くんは春日のことを「性処理用玩具」とまで言っていますし、実際それに似た行動もとっています。つまり最初の時点で「恋愛ありきではない」というのを明言しているんです。

 話が進むにつれて、彼がかつて教育実習の先生とセックスをした際に、「変態的」と言われたことが明らかになります。そう、恋愛なき身体的快楽のみのセックスしかしていない。これがトリガーの一つになって、春日の体を執拗に求め、そこに心を求めないように徹底した行動をとっている。それを「変態」と呼称しています。

 彼の中ではいろんなモノが爆発します。妄想している相手の体。抑え切れない性的な衝動。自分を客観視できない冷静さの欠如。実は女性の手のひらの上で転がされていることを知っていて怯えている自分。そんな自分を騙すための虚勢。

 ふざけるな、ふざけるな、そういうことかよ、.........ごめんなさいい、ごめんなさい、逆らわないから捨てないで!

 春日の姉の桃花と擬似恋愛的な関係にもなります。彼の脳は思春期の混迷した性への「興味」の域を飛び出して、自暴自棄に至ります。

 結局、春日と東郷くんの関係はなんだったのかは最後に描かれます。強烈なセックスシーンの数々の中で、春日が見せるサディスティックな表情と行為が何を示していたのかを知るとき、この物語に描かれている「変態」の意味がほどけてくるはず。是非とも1冊一気に読んでほしい作品です。きっと全話を読み終わった後の2回目に、真の意味でエロさを感じられるから。
(文=たまごまご/たまごまごごはん



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ

アイテム関連トピック

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS