>   >   > 

「くぱぁ」を広めた第一人者・あかざわRED『みるくぱぁとなーず』


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

eroai002_main.jpg
二次元世界の少女たちは、決して裏切らない。享楽的な彼女たちと快楽の限りを楽しもうじゃないか。

あかざわRED『みるくぱぁとなーず』マックス

 「くぱぁ」という語は、エロマンガ独特のオノマトペとしてすっかり定着しましたね。まあ言うまでもなく、アソコを女の子が自分の指で開くときの音です。くぱぁ。

 どこで発祥したのかは定かではありませんが、「くぱぁ」を広めた第一人者が、あかざわRED氏であることは間違いないでしょう。

 今までの本のタイトルも『くぱぁりぞーと』『じぇらしっくぱぁく』と「くぱぁ」目白押し。そんな今もっとも注目度の高い作家さんの一人でもある著者の最新作が『みるくぱぁとなーず』(マックス)です。

 とは言っても、今回はそこまで「くぱぁ」の語にこだわっていません。むしろそれはもうネタの段階になっており、著者はさらなる挑戦として「エロマンガの中にどれだけ夢を詰め込めるか」に立ち向かっています。

 エロマンガって二次元なわけですよ。つまり、誰にも迷惑をかけないんです。著者の夢を思いっきりつめこんで、読者が思いっきり楽しむ。被害者はゼロ。なんて素敵な世界! ならどこまでエロスの享楽を満喫できるか!?

 あかざわRED氏は普段コンビニ誌「ポプリクラブ」で連載しているのですが、コンビニ誌はロリマンガがNG。そのため大人だけどロリ体型、という抜け道をものすごく駆使してマンガを作っているのが見て取れます。努力の跡は、作品を読むだけでひしひしと伝わってきて股間と涙腺を揺さぶります。それでもロリマンガが描きたい! 作者の思いは激しく強くなり、ロリマンガ専門誌「COMIC LO」(茜新社)でついに、本当のロリマンガを描くことになりました。出版社の垣根を越えて、ロリ愛がこの本に収録されることになったのです。おめでとうございます!

 この執念! このこだわり! 「俺が描きたいのはこれなんだ!」という明確なビジョンが嵐のように吹き荒れており、読者を圧倒していくのです。

 こだわりはロリにとどまりません。たとえば「ブルマはパンツの代替品ではない!!」「スパッツを破く奴は女を殴りながらヤッてるサディストと同等!」など、フェティシズムに対しても徹底的な執着心を見せつけてくれます。このとことんまで妥協を許さない姿勢が読者にも伝わったのか、各書店で売上ナンバーワンを誇るメガヒット作品になりました。

 せっかくの「エロマンガ」という自由な舞台。確かにある程度の自主規制やページの限界などはありますが、その中でどれだけこだわりを描写できるのだろうか? どこまで大好きな性癖を描写できるのか? あかざわRED氏は常に快楽の上へ上へと高く羽ばたきながら、自由なエロマンガの世界での冒険を続けるのです。「くぱぁ」という擬音と共に。
(文=たまごまご/たまごまごごはん




今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ

アイテム関連トピック

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS