>   >   > 

こんな学校生活が送りたかった! 誰もが夢見る青春エロスストーリー!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

amanojaku0104z.jpg
畳、畑、こたつ、ふすま。日本情緒あふれる空間で描かれる等身大のセックス
の生々しさは、まるで友達や家族のエッチを見ているようなドキドキ感いっぱい!

 MARUTA著「アマノジャクが恋をして」

 MARUTA氏のエロマンガを一言で言い表すと「日本」なんですよ。

 と言っても、和服が出てくるとか時代劇調とかでは決してないんです。もっとぼくらに近い方の「日本」。でも、表紙だとちょっとピンとこないかもしれませんので、どこがどう「日本」なのかを列挙します。

 まず一つ目は、背景。日本の田舎の家屋がベーシックな舞台になっているのです。こたつ、ふすま、たたみ、布団。当たり前に見えるこれらのアイテムですが、実際緻密に描かれると画面から和のにおいがもうプンプンしてくるんですよ。

 表題作にもなっている「アマノジャクが恋をして」は大学生の兄と高校生の妹の物語。別に日本風であることを強調するシーンはないのですが、舞台の日本らしさがきっちり画面に描かれているのです。どこかで見たような懐かしい光景がノスタルジックをメキメキ刺激します。こんな空間の中で、かわいい妹に「恋人作ったり愛しあったりできるし、子供作ったりだってできるんだから」とか言われたら、脳髄にキます。あまりにも匂い漂いそうなくらい日本の光景の一部を切り取っているので、リアリティが尋常じゃない。汗のニオイまで伝わってきそうです。

 二つ目は衣装。これも着物でもなんでもないんですが、良い意味で野暮ったさがかわいいジャケットを着ていたり、もったりした重さを感じさせる制服が非常に魅力的。そうなのよ、セーラー服やブレザーのスカートってなんか生地が厚そうで重たさを感じなきゃね! そして夏服は逆に、透けて見えそうなくらいの薄い生地で! この辺りをきっちり描き分けているので必見。加えて、ワンピースやミュールなどもよく描かれているのですが、これまた素材の質感と女の子の組み合わせが絶妙。制服やワンピースをまとった少女たちのフェティッシュを極めてよくとらえているのですが、このあたりも日本人が着る衣装としての地盤からずれていないため、とにかく見ていて頭を懐かしさがよぎります。

 そして三つ目は体型。もちろんある程度は手足の長いモデル体型ではあるんですが、それでも日本人らしい体型の枠からはずれていません。「件名なしお昼ご飯、屋上。」ではマイペースな感じの陸上部少女が出てくるのですが、彼女の全裸がデフォルメされたエロさではなく、ものすごく写実的な日本人体型の裸。ここにエロさを感じるかどうかは人次第ですが、ぼくはこここそがMARUTA作品のエロさの最大のポイントだと思うのです。

 日本のにおいがするエロ漫画は、何よりも身近さを感じさせます。もしかしたら隣の家でこういうことが起きているかもしれない、もしかしたらこの家の前の住人が布団に汗を染みこませながらエッチしていたかもしれない。

 あくまでも過去形な感覚を喚起するのもポイント。今現在の出来事ではあるんですが、大人になった男性であればかつて見たような光景と少女たちの姿がそこにあるのですもの。とてつもない郷愁そのものがエロスに直結し、心をくすぐるんです。

 個人的にイチオシは連作「向日葵の咲く季節」。畑と山と森に囲まれた田舎で、幼い頃から一人っ子同士で仲が良かった少年と少女が、成長したときに芽生える相手への淡い性の感覚。野外での「まぐわい」とでも呼ぶべきセックスシーンも非常にエロいのですがそれだけじゃない。なんといっても幼馴染の少女のミュールをはいていた足を洗ったときに、ぴくっとしながら「......くはぁ」と思わずもらしてしまった吐息と焦る少女の姿が、少年のドキドキを浮き彫りにするかのように描かれているのです。

 この作家さん、非常に足へのこだわりが深く、特に裸足の描写の力の入り方は異常事態。同人誌でも足をテーマに描いていることもあるくらいなので、本物です。日本の田舎と少女の素足が織り成す、体温すら感じそうな幸せなエロティックワールドをご堪能あれ!

(文=たまごまご/たまごまごごはん



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ

アイテム関連トピック

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS