>   > 

隠し子発覚でドタバタ…中川翔子、初ロマンスからスピード破局までの真相


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

0502nakagawa_main.jpg
※イメージ画像:『しょこたん☆かばー4-2~しょこロック編~』SMR

 初ロマンスが伝えられたばかりの“しょこたん”こと中川翔子(28)が、お相手の俳優・小澤亮太(26)と破局したことが2日、サンケイスポーツの報道で明らかになった。

 特撮ヒーロー番組『海賊戦隊ゴーカイジャー』(テレビ朝日系)のゴーカイレッド(キャプテン・マーベラス)役として知られる小澤は、華麗なアクションを得意としながら意外にもゲーム・マンガ好きのインドア派でオタク趣味の中川と相性がピッタリ。ファンも応援ムードだったが、小澤に“隠し子”がいることが発覚し、中川の母・桂子さんら周囲が交際に大反対していることが判明。小澤は自身のブログで隠し子の存在を認め、記事によると今週に入ってから二人で話しあった結果、別れを決断したという。

 中川にとっては何とも切ない初ロマンスになってしまったが、この報道に違和感を覚えた業界関係者は少なくない。サンスポの記事では「中川は報道で初めてその事実(隠し子)を知ってショックを受けた」とされ、中川が何も知らずに騙された“被害者”であるイメージが強調されている。だが「女性自身」(光文社)の記事では「しょこたんも(隠し子のことを)知っていますが、彼が大好きだから必死に受け止めようとしている」との関係者コメントが掲載されていた。また、隠し子だけでなく二人の経済格差も大きな問題とされていた。

 微妙な食い違いのウラには、交際をめぐるドタバタがあったようだ。

「隠し子の存在は中川も知っていたはずです。それでも別れようとしなかったからこそ、当初は交際を歓迎していた中川の母親が大反対するようになった。中川は5日に29歳の誕生日を迎える。熱愛はタレントとしても“アイドル売り”から方向転換するいいきっかけですから、当初は事務所も交際を応援していたんです。サンスポが熱愛をスッパ抜いたのも、その戦略の一環で事務所からのリークだった。ところが、事務所サイドは隠し子の存在を知らされておらず、女性自身の記事で初めて認識。これで大モメになり、事務所側は本人たちに別れを納得させたうえで『隠し子のことを知らなかった中川が騙された』というスタンスで再びサンスポに破局の記事を出させ、騒動の幕引きを図った」(週刊誌記者)


『ヌイグルマーZ』


ぎざしょっく

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週