>   >   > 

中出し・AF・凌辱…どんなにハードなプレイをこなしても圧倒的にキュートな上原亜衣! 意外すぎるその素顔とは…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

uehara_TAC6035FL.jpg

 栄枯盛衰の激しいAV業界にあって、現役女優の中でトップクラスの出演本数を誇る上原亜衣。昨年は「DMM年間AV女優ランキング」で1位に輝き、2014年度も怒涛の勢いで主演作をリリース、ますます人気に拍車がかかっている。凌辱、本格レイプ、中出し、アナルなど、ハードプレイも厭わない彼女だが、驚くべきは一貫して清純なイメージを保ち続けていることである。作品ではスイッチが入ると痴女にもM女にも自由自在に成り切るが、実際に会うとウブな美少女といった佇まい。そのキュートな見た目とは裏腹に、内面には持ち前の負けず嫌いな性格がメラメラと燃えあがっていた!

──最新作の『逆 チクビ痴漢』(ドリームチケット)は、素人男性を相手に嬉々として痴女プレイを繰り広げていましたが、出演本数の割合でいうと痴女モノは少ないですよね。


81ka+57-1OL._AA1500_.jpg
※画像:『逆 チクビ痴漢』(ドリームチケット)

「そうなんですよ。凌辱とかレイプものばかりで(笑)。でも個人的には攻めのほうが好きなんですよ。だから、すごい楽しかったです」

――プライベートでも攻め好きなんですか。

「さすがに淫語を言うとかはないんですけど、男性が感じているのを見るのが好きなんですよね。相手が喜ぶことをやってあげるのが好きなので、Mと言えばMなのかもしれないですけど」

――どうやって淫語力は鍛えたんですか。

uehara_TAC6131.jpg

「デビュー間もない頃は、痴女やレズが上手い女優さんのAVをマネージャーさんと一緒に借りに行ってもらって、じっくり観て勉強しました。それで、こういう感じの言葉を言えばいいんだなって頭に入れました。レズだと桐原あずささんが本当に上手いと思いましたね。あと凌辱モノの現場で、男優さんに言われたことを、私なりにアレンジすることもありました」

――『逆 チクビ痴漢』では漫画喫茶やタクシー、コインランドリーや夜の倉庫などでゲリラ撮影を敢行していましたが、現場は大変だったんじゃないですか。

「もうドキドキですよ! 声を出すと周りに聞こえちゃうから、本当に緊張しましたね。ガマンしても声は出ちゃうんですけど、ちょっとでも声を出すと監督さんに『シーッ!』って言われて(笑)。でも相手の男性も声をガマンしているから可愛かったです」

――全て自分からリードするカラミでしたけど、事前に大体の展開を組み立てているんですか。

「ほとんどアドリブです。流れに沿って次はこれをしようとか、その場で考えていきます。常に頭の中はグルグルしているんですけど、自分のやりたいようにできるから楽しいです」

――痴女プレイをする上でこだわりみたいなものはありますか。

「相手の目を見ながらプレイするのが好きなんですよ」

――相手の目を見てプレイするのが恥ずかしいって女優さんは多いですよね。

「だからこそ効果的なんです! 男優さんでも恥ずかしがるぐらいだから、素人男性はなおさらで、それが可愛いんです。だからガン見しました。恥じらいもそうなんですけど、相手が気持ち良い時も目を見ていたら伝わりますからね」


『逆チクビ痴漢 上原亜衣』


圧倒的な人気ですよ!!

amazon_associate_logo.jpg

『接吻奴隷 上原亜衣』


上原亜衣の奴隷になりたい…

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週