>   > 

「私が枕営業してるみたい」菊地亜美、中村アンと涙のバトル


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

0204kikuchi_main.jpg
※イメージ画像:『菊地亜美オフィシャルBOOK ※写真はイメージです』主婦の友社

 2月3日に放送された『しゃべくり007』(日本テレビ系)に、「仁義なき女のケンカ」として、アイドリング!!!の菊地亜美とモデルの中村アンが出演した。番組では、「ほぼ毎日見かける女性」と紹介されていた2人。2013年下半期の出演番組数(ニホンモニター調べ)は菊地が103本、中村が107本とまさに八面六臂の活躍といえる。

 そんな現状について、「お仕事させていただけるのがうれしいので」「ライバルですから、みんな」と語る中村。一方の菊地は、中村がテレビに出ていると写真を撮り、マネージャーに「アンちゃんが出てた番組に出たいです」と言うこともあるそうだ。また、年齢は中村の方が上だが、「芸歴は自分の方が長い」と主張するなど、冒頭からライバル意識をむき出しにしていた。

 「2014年どっちが生き残るか」というトークでは、中村がワインやアロマの資格を取ろうと考えていることを告白。「資格があるのはいい」と共感した菊地も、「ヘッドリンパセラピスト」というマッサージの資格を狙って勉強中であることを明かした。そこで、ネプチューン・堀内健から「プロデューサーにマッサージしてあげたり?」と茶化されると、中村は「亜美ちゃん、けっこう人との距離が近いから、『プロデューサー~』ってできそう」とたたみかけ、菊地は「私が枕営業してるみたい」と叫んだ。「やってんの?」と言われると「絶対してないです、そこは守ってるんです」と、業界でたびたび噂されるアイドルの枕営業を完全否定した。

 また、菊地は番組が終わった後にプロデューサーに「今日、どうでした?」と必ず聞きに行くようにしているという。さらに、そこでほめられても鵜呑みにしないように、再度マネージャーを通しての確認も怠らないようだ。過去には、アシスタントプロデューサーから「もうちょっとやってくれると思った」と言われて、エレベーターで号泣しながら帰ったこともあるという。当時のことを思い出したのか、話をしているうちに「泣けてきた」と涙をにじませる場面もあった。


『アイドリング!!! 13th LIVE 史上最大!25人の大作戦グ!!! 晴れ、時々神 』


もうグループ出てもいいんじゃない?

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週