>   >   > 

行方不明のバグパイプ吹き、怒りに満ちた霊の住処、頻発するUFO目撃談!【世界の呪われた場所】(後編)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

【怪奇・不思議サイト「トカナ」より】

 日本では、自分が死んだことを受け入れられず、亡くなった場所から離れず居続けている死霊のことを「地縛霊」と呼び、それに取り憑かれた場所は「呪われた場所・心霊スポット」だと恐れられている。これは日本に限ったことではなく、海外でも同じように信じられている。やがてその場所は多くの人が訪れる心霊スポットとなるが、時には超常現象調査隊やサイキックたちが調査を行うこともある。霊に対して恐怖を抱きながらも強く惹かれるのは、万国共通なのだ。

 そんな興味深いエピソードを持つ『世界の呪われた場所』を、「トカナ」独自の視点でピックアップし、ランキング形式で紹介する本記事。

世界の呪われた場所ベスト 前編こちら

 “後半”はランキングの5位から1位を紹介していく。


■第5位 処刑された囚人の霊が取り憑いている「エディンバラ城」(スコットランド)

Edinburgh_Castle.jpg
画像は、Wikipediaより

 スコットランド王国時代からの古都・エディンバラのシンボル的存在であるエディンバラ城は、キャッスル・ロックと呼ばれる切り立った岩頸(がんけい)の上にそびえ立ち、長年、要塞として使用されており、歴史的建築物としても国民から愛されている。

 しかし、実はこの城、幽霊が住む秘密の城としても知られているのだ。

 城にはその昔、囚人を監獄していた地下牢があり、そこに今、処刑された囚人の霊が取り憑いているという。その場所で写真を撮ると、決まって“カラフルなオーブが写り込む”といった怪奇現象が起きるというのだ。

 処刑された囚人の中には、16世紀にジェームズ5世の殺害を企てた魔女として捕らえられたジャネット・ダグラスという女性もおり、彼女は息子の目の前で火あぶりの刑に処されたという。彼女の霊は強い恨みをもっているとのことで、頻繁に聞こえる壁を叩く音は彼女の仕業だとされている。

 彼女は夜な夜な、自分が処刑された場所にも現れるようで、目撃者も多数いるという。呪われた城とは知らずに訪れた観光客も、変な音を聞いたり、デジカメにオーブが写り込むのを見て、背筋が寒くなるとのこと。ちなみに、犬の霊まで住みついているとされ、こちらも目撃者が多数いる。

 城が持つ秘密はいくつかあるそうだが、最大の秘密は地下に掘られた、いくつかのシークレット・トンネルだろう。この秘密の抜け道は、旧市街にあるロイヤル・マイルやホリールード宮殿に続くものだという。

 数百年前、このトンネルが発見されたとき、バグパイプ吹きが「自分がバグパイプを吹きながらトンネルを進もう。そうすれば地上からも私の位置がわかる」と言い、探検に入った。たしかにバグパイプはずっと聞こえていたが、ロイヤル・マイルとの中間地点で突然鳴り止んでしまった。何か起こったのかとトンネルに救助隊が入ったが、そこにバグパイプ吹きの姿はなかった。まるで神隠しにでもあったように忽然と消えてしまったのだ。

 それからというもの、トンネルが通っているとされる地下からバグパイプの音が聞こえたり、城の中でもバグパイプ吹きの霊が彷徨うようになったという。なお、首のないドラム叩きの霊も存在しているとされていたが、近年は全く姿を見せないとのことだ。


■第4位 成仏できない処刑者の霊が待つ「高雄(たかお)成功鬼屋 」(台湾)

TAKAO.jpg
画像は、Wikipediaより

 成仏霊だけでなく、大量の悪霊がこの世にやって来るとされる旧暦7月の「鬼月(霊の月)」を信じるなど、霊には敏感な台湾人が最も恐れる呪われた屋敷が、台湾南部の高雄市苓雅區(れいがくく)にある。

 その建物は、日本統治時代に建てられた重厚感のある二階建てで、小さな中庭があり、2mの壁で囲まれている。実はこの建物は、捕まえられた犯罪人を尋問し、有罪となった者を中庭で処刑するために建てられた。中庭は多くの人々の血を吸ってきた忌まわしい場所なのである。

 建物は戦後封鎖され、雨風に晒されっぱなしだったが、高雄市は民国50年代(1961~1970)に「歴史的建築だから」と修繕・復元工事を行う計画を立てた。しかし、建築家が突然病に倒れ亡くなり、作業員も交通事故死する不幸が相次ぎ、作業は中断された。

 そして、民国70年代(1981~1990)、今度は政府が「高雄民間歴史博物館」として建物を利用する計画を立て修繕工事を行うことになった。しかし、着工日、お祓いをしている最中に突然突風を伴う大雨が降り、お祓い用に置かれた卓上の果物などのお供えものが地面にたたきつけられ、霊を成仏させるために用意した紙の札が天に舞った。その後、二階から作業員が落下し、頭をグジャグジャに割って死亡するなどの悲惨な事故が相次ぎ、成仏できない処刑者の霊が、生まれ変わるための生贄として、建物の中に入ってくる人間を殺しているのだと恐れられるようになった。

 この屋敷は「高雄成功鬼屋」と呼ばれ、台湾で最も呪われた「十大鬼屋」の筆頭にあげられている。なお、残りの「十大鬼屋」は、「烏日鬼屋」「基隆鬼屋」「五路衝」「白沙灣豪華別墅」「民雄鬼屋」「文化大學大仁館」「文化大學曉園」「日月潭教師會館」「松園別館」だとされている。


『MMRマガジンミステリー調査班 全13巻完結』


大人買いしたい! 時々、無性に読みたくなるよね

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週